« アメとムチ | トップページ | 結界 »

2006年11月23日 (木)

玉木宏

玉置宏といえば昔「1週間のご無沙汰です」という文句で始まる「ロッテ歌のアルバム」と言う歌番組の司会で一世を風靡した。最近は玉木宏が有名だ。「功名が辻」と「のだめカンタービレ」を毎週見ているが、先日目からウロコの大発見をした。山内一豊の弟、山内康豊役の玉木宏と、のだめの主人公千秋真一役の玉木宏は同一人物だった。何をいまさらと言われそうだが、気づいた私にはカルチャーショックだった。タキシードを着てピアノを弾く姿と、ちょんまげ武士の姿はまったく異質だ。さらに、激しいロックもしっとりしたバラードも歌える玉木宏は期待の星だ。世の中にはAさんには当たり前の話でもBさんにとっては驚くべき発見という事はよくある。人それぞれ人格、環境、信条、趣味、特技、守備範囲などが十人十色。洪水のように溢れる情報の中で一人の人間が知り得る情報は極々微量だ。

のだめカンタービレ (16) Book のだめカンタービレ (16)

著者:二ノ宮 知子
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« アメとムチ | トップページ | 結界 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/185107/4317983

この記事へのトラックバック一覧です: 玉木宏:

« アメとムチ | トップページ | 結界 »