« 流行語 | トップページ | いじめ考 »

2006年11月20日 (月)

衣料品処分

私という人間ひとりが着る衣類はいったい何枚あるのだろうか?衣類はいろんな切り口で分類される。アウターとインナー、トップとボトム、フォーマルとカジュアル、夏用と冬用・・・そんなモロモロがタンスや衣装ケースにしまいこんである。服でも、愛用のものがあると思えば、何年もまったく着ないでタンスの肥やしになっているものも多い。どこも悪くないからまた着るだろうと思いつつ5年10年結局着ない。かといって捨てるには惜しいし、他人に差し上げるのも失礼だ。私の場合、幸い体型が30年来まったく同じなので、サイズ的に着られなくなったというものはほとんどない。しかし、先日も断腸の思い?で何枚か処分した。衣類に付随して、ベルト、ネクタイ、帽子、靴下、ハンカチなどの小物も、捨てても捨てても減らない。もし3年来一度も身に着けないものを全部処分したら、きっと我が家は広くなるだろう。モッタイナイ話だ。

« 流行語 | トップページ | いじめ考 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/185107/4318189

この記事へのトラックバック一覧です: 衣料品処分:

« 流行語 | トップページ | いじめ考 »