« 有罪無罪 | トップページ | ノロウィルスと生牡蠣 »

2006年12月14日 (木)

忠臣蔵討入り

NHKの「謎かけ問答」というラジオ番組で放送されていた作品。謎かけに著作権はなさそうなので転載させていただくと、「忠臣蔵とかけて」というお題に対して、①大都会での捕り物、と解く~「電柱に子猿」(殿中にござる)、②高齢になって一言、と解く~「義歯の歯、なし」(義士の話)、③手で掘っていたらスコップを渡されて、と解く~「これ、堀やすいで~」(堀部安兵衛)、④前田利家が馬を前にして、と解く~「まつ、乗ろうか」(松の廊下)。究極のオヤジギャグだ。「時は元禄15年12月14日」と言うが、これは旧暦で、現在の暦で言えば1703年1月30日の出来事である。吉良は田舎侍の浅野をバカにし、「プッツン」キレた浅野が、刀で切りつけた事件であるが、松の廊下事件については、加害者とされた浅野は切腹となり、被害者とされた吉良はおとがめなしとされた事が問題だった。その結果を不満とする大石良雄をはじめとする赤穂藩の旧藩士47人が吉良邸への討ち入り、その後の浪士たちの切腹になるのが、美談として今日まで残っている。吉良は極悪人とは思えないが、きっと性格が悪かったのか?浅野は短気だったのだろうか?いつの世も喧嘩両成敗が原則だ。

Duets: An American Classic Music Duets: An American Classic

アーティスト:Tony Bennett
販売元:RPM/Columbia
発売日:2006/09/26
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 有罪無罪 | トップページ | ノロウィルスと生牡蠣 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/185107/4544242

この記事へのトラックバック一覧です: 忠臣蔵討入り:

« 有罪無罪 | トップページ | ノロウィルスと生牡蠣 »