« 年賀状づくり | トップページ | 漢字一文字 »

2006年12月11日 (月)

山田太郎

山田花子は有名だが、昔々、山田太郎と言う市役所の書類記入見本のような名前の歌手がいた。ヒット曲「新聞少年」は、父を亡くし、病気の母を助けるために新聞配達をする少年の感動的な歌で、当時の勤労少年のアイドルだった。今朝は新聞の休刊日。知らずに寒い中新聞受けに取りに行って空しい思いをした。朝早くから新聞配達をされている人は今も昔も労働条件は厳しい。インターネットの普及、ペーパーレス、など新聞を取り巻く現状は厳しいが、新聞配達と言うビジネスはなくならない。最近は新聞本体よりチラシの方が重い。配達される人は重労働だが、このチラシが大きな収入源になっているような気がする。新聞を配達するという手段を使って、チラシを宅配する、情報伝達業なのである。最近テレビの朝のワイドショーで新聞各紙をボードに貼り付けて拾い読みするコーナーが多い。新聞社が苦労して編集印刷した新聞を、何の努力もせず、ボードに貼り付けて、わけのわからないコメンテイターが下らないコメントするという横着極まりない番組だ。テレビ局はもっと質の高い番組作りに努力せんかい!!ところで、山田太郎は現在も現役の歌手でありSプロダクションの社長でもある。

« 年賀状づくり | トップページ | 漢字一文字 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/185107/4508425

この記事へのトラックバック一覧です: 山田太郎:

« 年賀状づくり | トップページ | 漢字一文字 »