« いよいよ年の瀬 | トップページ | 罪と罰 »

2006年12月26日 (火)

郵政民営化と効率

年賀状が少し足りなくなって、郵便局でインクジェット用30枚欲しいと言ったら、現在品切れで2~3日後入荷しますと言われた。「こらあ~っ!郵便局が年賀状品切れちゅうことは、薬局が薬の品切れ、蕎麦屋が麺の品切れと言ってるのと同じや!」と捨て台詞でも吐こうかと思ったが、親切な窓口の兄さんが「近くのセブンイレブンに在庫が少しあるそうです」と教えてくれた。早速コンビニで不足分調達し、ついでにお年玉袋も10枚買った。夕刻、テレビで効率の悪い郵便局のATMを壊しているニュースが報じられていた。過疎地ほど必要なのに、現場を知らない郵政公社のエライサンは無慈悲な事をするものだ。小泉、竹中両氏は、民営化されても過疎地を切り捨てにしないと叫んでいたがやっぱり嘘っぱちだったようだ。これからますます過疎地は「効率」という名のもとに切り捨てられて行くのだろう。

The Breakthrough Music The Breakthrough

アーティスト:Mary J. Blige
販売元:Geffen
発売日:2005/12/20
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« いよいよ年の瀬 | トップページ | 罪と罰 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/185107/4686989

この記事へのトラックバック一覧です: 郵政民営化と効率:

« いよいよ年の瀬 | トップページ | 罪と罰 »