« 今年の振返り「スポーツ編」 | トップページ | 人口減少 »

2006年12月31日 (日)

今年の振返り「政経社会編」

①北朝鮮のミサイル発射と核実験、そして空しい6カ国協議・・・拉致問題解決はまたまた先送りだ。②イラク紛争、自衛隊撤退、そしてフセイン元大統領の死刑・・・宗教観価値観の違う国民同士の報復の連鎖はまだまだ続きそうだ。③安倍内閣発足。若さゆえ足を引っ張られそうだ。④多雨と突風竜巻など異常気象の1年であった。地球全体がおかしくなり、異常が当たり前になるのか?⑤親が子供を虐待、そして殺す恐ろしい時代になった。⑥税金を盗み食い?する、官僚、公務員、そして知事の汚職摘発。と言っても昔から行われていたわけで、何をいまさらという感がある。⑦低賃金非正規雇用社員の犠牲の上に成り立つ大企業の空前の好景気、経営失敗による不良債権を税金で救ってもらって、本来払うべき預金金利を踏み倒し、空前の利益を出し、しかも法人税も払わない銀行に天誅が下らないのか?・・・今年も不安と不満と怒りの1年であった。来年は良い年にと期待しても空しいので止めておこう。1年間家族が健康に生きて来られた事に感謝。除夜の鐘ゴ~~ンと鳴る頃、すでに私は熟睡、夢の中のはずである。

« 今年の振返り「スポーツ編」 | トップページ | 人口減少 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/185107/4745727

この記事へのトラックバック一覧です: 今年の振返り「政経社会編」:

« 今年の振返り「スポーツ編」 | トップページ | 人口減少 »