« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月31日 (水)

ヴォーリズ

ヴォーリズ建築として知られる滋賀県甲賀市にある滋賀銀行甲南支店が建物の老朽化のため8月に移転する事が決まった。建物を残すか壊すか今検討中だそうだ。米国の建築家ヴォーリズが設計し、1925年に建築された。鉄筋コンクリート2階建て、正面のギリシャ風古典様式の柱などに特徴がある。80年前から現代までそのまま使っていたのがすごい。ヴォーリズと言えば建築家であり、キリスト教プロテスタントの伝道者(牧師ではない)であり、英語教師として来日し、近江兄弟社を設立し、メンソレータム販売権を取得した実業者でもある。大丸心斎橋本店、軽井沢ユニオン教会、神戸女学院大学、同志社大学今出川キャンパス、滋賀県では八幡商業高校、日本基督教団今津教会、豊郷小旧校舎など、彼の残した建築物は今なお文化的価値を持っている。耐震偽装のマンションやホテルを設計した人とは違う、本物の超!一級建築家だ。

2007年1月30日 (火)

重版出来

「借力」と言うおもしろいウェブサイトがある。誤読編「東海大相模」を「とうかいおおずもう」と読む人。聞き違い編「ご声援ありがとう」を「5千円ありがとう」、「非行少年」を「飛行少年」、「薬剤師」を「ヤクザ医師」と聞き違う人。状況編「親子水入らず」は「親子で水分を摂らない事」、「脱サラ」は「サラ金から借り逃げする事」「汚名返上、名誉挽回」が混ざって「汚名挽回」と言う人。読めなかった編「若干じゃっかん」を「わかぼし」「流石さすが」を「りゅうせき」「相殺そうさい」を「あいさつ」「重版出来じゅうはんしゅったい」を「じゅうはんでき」と読む人、ネットはいろんな書き込みがある。恥ずかしながら私も「じゅうはんでき」だと思っていた。

2007年1月29日 (月)

機械

真冬だと言うのに、今日も暖かい1日であった。世界が今後も今のペースで石油石炭などの化石燃料を消費し続けると、今世紀末には、世界の平均気温が7度上昇するそうだ。と言う事は、東京が現在の沖縄と同じくらいの気温になるらしい。異常な気象は、かつて経験した事のない現象を生み出す。鳥インフルエンザもそのひとつだ。宮崎、岡山で鳥インフルエンザ発生!処分される鶏がかわいそうだ。養鶏場のニワトリは昔のように外で駆け回る事がない。タマゴの消費量が年々増加し、私自身もタマゴを食べない日がないくらいだ。工場のような鶏舎内で、鶏はタマゴを生む「機械」のように扱われ、病気が発生すると殺される悲しい運命だ。と言うより人間とは残酷な動物だ。柳沢厚生労働相が、少子化の解消策として「女性の数は決まっている。生む機械、装置の数は決まっているから、機械と言うのは何だけど、あとは一人頭で頑張ってもらうしかないと思う」と女性に対し、とんでもない発言をして顰蹙をかっている。バカとしか言いようがない。早々に辞任すべきだろう。
永遠の詩/THE BEST OF MINNIE RIPERTON Music 永遠の詩/THE BEST OF MINNIE RIPERTON

アーティスト:ミニー・リパートン
販売元:東芝EMI
発売日:1998/08/26
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2007年1月28日 (日)

生涯学習

団塊世代が定年を迎える2007年問題がスタート?した。企業の側はいろいろ対策を講じているようだが、企業を去る団塊の当事者はこれから大変だ。継続して勤労意欲のある人は生涯学習とやらにお金をかけているようだ。「ユーキャン」などのパンフを見て資格取りを目指す人も多いようだ。人気の講座ベスト10は「実用ボールペン」「医療事務」「行政書士」「ファイナンシャルプランナー」「宅建取引主任者」「カラーコーディネート」「アメリカ英語」「簿記3級」「社会保険労務士」「保育士」となっている。教材を見て気に入らなかった場合、教材到着後8日以内であれば返品できるが、この会社は毎年正月に大々的に宣伝して、途中でドロップアウトする人を尻目に、大儲けしているのだろう。資格の勉強も大切だが、「バラバラ殺人」「給食費の未払い」など大人の道徳倫理教育をもう一度やり直す必要がありそうだ。

2007年1月27日 (土)

マスコミの粉飾

「発掘!あるある大事典Ⅱ」納豆特集で、内容を捏造した事件は、テレビ局の謝罪とスポンサーの撤退で一段落したようだが、これはおかしい。テレビ局は、視聴率が上がればスポンサーの宣伝広告単価が上がる。言い換えれば視聴率アップで、広告料という名の「商品」が高く売れるわけだ。と言う事は事実を捏造する行為は詐欺罪に等しい。もし、企業が粉飾決算をして、企業価値を高く見せかけたら、犯罪者として処罰されるのに、テレビ局は「ごめん」で済まされるのは納得できない。他局もこれを深く追求すると、やがてわが身にも災いが降りかかるので黙っている。粉飾決算で逮捕された社長、また現在裁判中の社長と同レベルで、テレビ局の社長も逮捕すべきだと思う。マスコミは本来、真実の報道とジャーナリズムを追求すべきところ、今はコマーシャリズムばかり追及する「金満集団」に成り下がったようだ。

2007年1月26日 (金)

コンビニのおでん

コンビニで、ちょっと気になるのが「おでん」である。肉まんや、唐揚げはケースの中に入っているのに、「おでん」だけは、レジ横の、蓋が開けっ放しの鍋の中だ。客の出入りも頻繁で、ホコリもいっぱいだ。しかしなぜか蓋をしていない。グラグラと熱湯消毒しているから安全なのか?しかも、店員がお金を触った手で、容器のふちに親指を引っ掛けて、客の注文の具を入れている。不衛生だと思うのはちょっと神経質か?嘉門達夫の歌で、ラーメン屋で店長が「はいラーメン一丁」 とラーメンを出したら、客が「親父、どんぶりのツユの中に指、指!指入ってる!」 店長「大丈夫~熱くないよ~」客「じゃ~なくて~」 誰がお前の心配をした!不衛生やないかと言う内容の歌である。

枯葉 Music 枯葉

アーティスト:オスカー・ピーターソン&ステファン・グラッペリ
販売元:ユニバーサルクラシック
発売日:2005/12/14
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2007年1月25日 (木)

マイブーム

MS社はWindowsXPのサポート期間を2009年から2014年に延長した。当然だと思う。我が家にはパソコンが4台あって、そのうち2台のノートパソコンはWindowsMEである。すでにサポート期間は過ぎている。大金持ちのビルゲイツはパソコンなど毎年使い捨てで買い換えるものだと思っているのだろうか?今回の延長でWindowsVistaの普及は少し鈍るかも?とは言え、1月29日~30日にかけてVista発売イベントでまたまた大ブームを狙っているようだ。ブームと言えば、世間一般では流行っていなくても、個人的にはまっている事をマイブームと呼ぶ。今や死語であるが、私の現在の食品マイブームは、「C社のフルーツグラノーラ」・・・朝食の不足分はこれで補う。「D蒲鉾社のてんぷら各種」・・・とにかく絶品の味である。「M社の飲むサラダ寒天プラス」・・・寒い時でも野菜の補充に飲む。寒天のツルンとした喉越しが良い。

2007年1月24日 (水)

銭湯

昔々子供の頃は、一般庶民の自宅に風呂がないのが普通で、近所の銭湯に行った。番台と呼ばれる男女の更衣室が見渡せる高台に座っているおばちゃん(またはおっちゃん)にお金を払って入る。理由はさておき、昔は銭湯の番台といえば、プロ野球選手、総理大臣とならび「あこがれの職業ベスト3」のひとつであった。風呂の入り方に「正解」と言うのはないと思うが、子供心に、マナーの良い人悪い人、いろんな入り方を見た。そこは、ご町内の社交の場であり、人生の縮図のようでもあった。見よう見まねで「これが正しい風呂の入り方」という自分なりの「信念」のようなものがその時形成されたように思う。最近は家庭に風呂があるのは当たり前。温泉旅行などした事のない人は正しい入浴を知る機会が少ない。一般的には心臓から遠い部分(手足)から、かけ湯を行い、次に全身に湯をかけ、5~6分「ヘソ」あたりまでの半身浴をする。そして徐々に肩まで浸かる。熱い湯にさっと入るより、ぬるめの湯にゆっくり入るほうが良いそうだ。昔、父親と銭湯に行って、風呂上り飲んだ幻の飲料?「フルーツ牛乳」の味は格別だった。

2007年1月23日 (火)

薬と注射

先週風邪気味で医者に行ったが、何とか回復し、薬も一昨日でなくなった。最近は薬の中に錠剤の写真と効能を書いたものが添付されているのでわかりやすい。クラリス錠(抗生物質)、ムコダイン錠(痰を出しやすくする)、メプチン錠(気管支を拡げる)、シングレア錠(喘息予防)以上であった。数年前通っていた医者の薬を飲むとかなりめまいがしたが、薬や医者との相性があるのだろうか。10数年以上前通っていた高齢の医者は、喉を診て「真っ赤やなあ」と言って注射を1本うって、錠剤1種と粉の胃薬1種だけだった。それですぐ治った。昔はやたらと注射をうったが、最近は注射をうつ医者がなくなったが、何かわけでもあるのだろうか?

2007年1月22日 (月)

おっとり刀

昨年の1月には300円を越えていた不二家の株価は不祥事発覚で190円台まで暴落し、森永と山崎が支援すると発表があったら、一気に210円近くまで回復した。逆に篠崎屋、旭松食品など納豆関連?の株価は、一時大きく上がったがまた暴落、億単位の金が行ったり来たりウロウロしている。株のトレーダーはどんなニュースも見逃さず敏感に反応する。私のように、「泥縄」で鈍感に反応していては、金儲けなど夢のまた夢だ。「泥縄」は泥棒を捕まえてから、縛るための縄を綯うという、事が起こってから慌てて準備する例えだ。使い方を間違いやすい言葉に「おっとり刀」と言う表現がある。私は昔、おっとり、ゆっくり刀を抜くスローなたとえだと勘違いしていた。「おっとり」は「押し取り」が「押っ取り」に変化したもので腰に差すひまもなく、刀を手にしたままであること。緊急の場合に取るものも取りあえず駆けつけると言う言葉なのだ。

2007年1月21日 (日)

健康番組

「発掘!あるある大辞典」「たけしの本当は怖い家庭の医学」「ためしてガッテン」「はなまるマーケット」「おもいッきりテレビ」など、健康番組が花盛り。それだけ視聴者は健康に不安を持っているという事だ。「あるある大事典」の「納豆のダイエット効果」は、私も信じていたが、データ捏造であったそうだ。納豆は健康に良いのは間違いなさそうだが、以前NHKの「ためしてガッテン」でも納豆の血栓防御効果を説明していたが、これもちょっと疑わしく思えてきた。健康番組をすべて信じて、1日に緑茶を7杯、ココアを3杯、コーヒーを5杯、水を2リットル飲んだら、胃の中はチャポチャポ。それに納豆2パック、ヨーグルト、ローヤルゼリーに小麦胚芽、ニンニク、そしてサプリメント各種食べたら、肝心のご飯が食べられない。冷静に考えれば当たり前だ。所詮、視聴率のためなら何でもありのテレビ局なのだ。結局は昔から、経験的に言い伝えられてきた「生活の知恵」の方が間違いないし、何事もほどほどに、と言うのが正解のようだ。K製菓の「ぽたぽた焼き」というせんべいに「おばあちゃんの知恵袋」という文章が袋に印刷されているが、これは大変ためになる。

バリー・ホワイト・グレイテスト・ヒッツ Music バリー・ホワイト・グレイテスト・ヒッツ

アーティスト:バリー・ホワイト
販売元:ユニバーサルインターナショナル
発売日:2002/06/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2007年1月20日 (土)

京都の住所表記

今年の年賀状の宛名はすべて手書きしたが、京都の住所表記はややこしい。たとえば京都市役所は「京都市・中京区・寺町通・御池上る・上本能寺前町」であるが、通常「寺町通御池上る」で簡単に場所は特定できる。上る・下る・西入る・東入るは、方向音痴?の私でも、建物についているアンテナを見れば必ず南南西に向いているから間違わない。ところが郵便番号を調べようと思うと、「寺町通御池上る」で検索しても出てこない。「中京区上本能寺前町」ならば604-0925と出てくる。理由は簡単である。京都のように碁盤の目のような町は通りと通りの「線」の交差で場所が特定できる。しかし郵便番号はエリアすなわち「面」で決められている。京都のような町には郵便番号はなじまないと思う。

2007年1月19日 (金)

NHK受信料

NHKの2007年度の予算と計画によると受信料収入は2006年度予算比で190億円増の6130億円と見込んでいるらしい。不祥事で不払い件数が増加していたが、昨年秋からの督促を開始するなど、不払いに厳しく臨む姿勢を宣伝した事が要因だ。ただ、本来払うべき人の約3割が未だ受信料を払っていないのが現状だ。義務化して、支払率が70%から85%程度に上昇すれば約1200億円の増収効果があるそうだ。ただでさえ高給取りのNHK職員?儲けすぎじゃ~!下らない紅白歌合戦などに巨費をかけるくらいなら、もっと受信料を大幅に値下げせ~よ!

2007年1月18日 (木)

井沢八郎

井沢八郎さんが69歳で亡くなった。と言うより女優工藤夕貴さんのお父さんと言う方がわかりやすい。「男船」「ああ上野駅」「男傘」「北海の満月」などのヒット曲で一世を風靡した。特に「ああ上野駅」は坂本九の「上を向いて歩こう」がヒットした2年あまり後の「東京オリンピック」の年に大ヒットし、どちらも戦後の日本の歴史に残る名曲だ。「どこかに故郷の香りをのせて、入る列車のなつかしさ。上野は俺らの心の駅だ、くじけちゃならない人生が、あの日ここから始まった」と言う歌だ。ついでにイントロクイズ。「なんだなんだよ、らしくもないぜ」は男船。「俺の、俺のこぶしで貴様の胸を」が男傘。「波がドンと来りゃ飛沫の花が」が北海の満月である。この記憶力!まだボケていないぞ!こう見えても、私は当時ビートルズとコニーフランシスと舟木一夫と井沢八郎のファンだった。井沢八郎さんは偉大な歌手だったが、その娘である事を伏せて、努力を重ね、大女優になった工藤夕貴さんも立派だ。

2007年1月17日 (水)

阪神大震災を知らない子供たち

テレビ各局は干支が一巡した今年、震災特集をやっていたが、12歳未満の子供は震災を知らないわけだ。年月の過ぎ去るのは早いものだ。それはさておき、不覚にも風邪をひいた。今は風邪をひいている場合ではないので、早速医者に行って診察を受けた。原因を遡れば、1週間ほど前、風呂上りに不用意に出た電話がきっかけだった様だ。日曜日、小雨降る中での墓地見学も良くなかったようだ。去年は歯医者以外では、5月に1度だけ内科に行ったが、今年は幸先が悪い。ところで、この幸先と言う言葉であるが、文字から発想すると幸先が良いという表現は正しいが、幸先が悪いという表現は間違っているのだろうか?幸先とは辞書では前兆とか兆しと言う意味らしい。と言う事は良い悪いどちらに使っても良いようだ。風邪ひきの身、くだらない事書いていないで、さっさと寝よう。

River of Dreams Music River of Dreams

アーティスト:Billy Joel
販売元:Sony Mid-Price
発売日:1998/10/20
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2007年1月16日 (火)

同族企業

三洋電機、伊藤園、サントリー、月桂冠、ロッテ、キッコーマン、パロマ、ソフトバンク、丸井、竹中工務店、コナカ、エーザイ、イオン、大正製薬、YKK、山崎製パン、そして不二家などは同族経営の色彩の濃い会社と言われている。一般的に中小企業には同族経営の会社は多い。主に創業者の血縁関係、親族関係者が中心になり経営されていて、上位大株主3人の持ち株比率をあわせて50%を超える会社のことを言うそうだ。結束力が強く経営判断が早いというメリットはあるが、逆に「ぼんくら」ジュニアが社長になったり、やる気のある社員に出世の希望がなくなったり、公私混同があったりする。「華麗なる一族」が今話題であるが、華麗なる不二家の藤井一族もこれでENDか。ここでクイズ。ペコちゃんとポコちゃんが徒競走をし、ポコちゃんはこけて足を擦りむいただけだが、ペコちゃんはこけて死んだ。なんでか?・・・答え・・・ペコちゃんは舌を出していたので、こけたとき舌をかんで死んだというブラックなクイズだ。ちなみに私は不二家のアーモンドチョコレートが大好きだ。スーパーの売り場から撤去しないで欲しい。
真夜中のカウボーイ DVD 真夜中のカウボーイ

販売元:20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
発売日:2007/01/26
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2007年1月15日 (月)

暖冬とは言うけれど

今年は暖冬なのだろうか、スタッドレスタイヤに交換してから、まだその活躍の場面がないのは有難いが、比較的暖かだ。エルニーニョ現象は南米のペルー沖の海面水温が平年に比べて高くなり、その状態が1年程度続く現象であり、逆に、低い状態が続く現象はラニーニャ現象と呼ばれる。現在のようにエルニーニョ現象の時は「暖冬冷夏」、逆にラニーニャ現象の時は「寒冬暑夏」になるそうだ。気象用語で面白いのはアメダスである。Automated Meteorological Data Acquisition Systemの略で、「地域気象観測システム」の事だが、どうしても大阪弁の「雨だす」と聞こえる。大阪と言えば今年の夏、大阪で世界陸上が開催される。メインスタジアムの長居競技場付近のホームレスたちは1週間のうちに立ち退きをしなければならない。大国フランスだってワーキングプアーと言う、就業していても家をもてないホームレスがたくさんいるのに、世界陸上があるからと言って見栄を張ることはない。ありのままの大阪を見てもらえばよい。暖冬とは言えホームレス諸氏にとっては厳しい冬だ。

A Little Touch of Schmilsson in the Night Music A Little Touch of Schmilsson in the Night

アーティスト:Harry Nilsson
販売元:RCA
発売日:2006/05/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2007年1月14日 (日)

墓石

私はまだ死ぬには早いと思っているが、自分が入る墓地の場所だけは確保してある。今日、知人が墓石を購入されると言う事で、参考のために現地説明を聞きに行った。宗教によって当然形や価格が異なるが、ある全国調査によると、墓石購入費用の全国平均は174万円だそうだ。これを安いと感じるか高いと感じるかは価値観の相違だが、やっぱり私は高いと思う。人間の死とか尊厳とか言い出すと、葬式費用や仏壇や墓石を値切ったりするのはタブーのように思うが、かと言って業者さんの言いなりになるのもおかしい。特に墓石などは、墓地専属の独占業者さんがいて、価格見積りの競争はないのが一般的だが、やはり2社以上が競争して切磋琢磨してより良いものを提供するのが本来の姿だ。女子駅伝で京都が優勝したが、競争するから、区間新とか過去最高位とか良い記録が出るのだと思う。

2007年1月13日 (土)

灯油価格

灯油価格が秋から暴騰していたが、暖冬で少し値段が下がってきた。それでも、全国的には18Lで1390円程度であるが、私はいつも、新潟に本社のある「ホームセンターK」で買っている。18Lで1224円(68円/1L)と比較的安い。普通灯油はガソリンスタンドで買うものだと思っていたが、ホームセンターで買えるのを知ったのは昨年だ。暖冬とは言え朝晩は寒い。さらに我が家のように石油ストーブで部屋を暖め、湯も沸かし、残った湯を、家族それぞれ各自の「MY湯たんぽ」に入れて活用し、残り湯で翌朝、顔や手も洗う「ケチケチ節約」生活を送っているので、灯油の価格は大変重要なポイントだ!ついでながら、ここの会社の株式を3月31日現在100株以上保有していると、株数に応じて米などの産直品がもらえるので、私はしっかり100株保有している。

2007年1月12日 (金)

納豆ダイエット

納豆には若返り物質ポリアミンが多く含まれていたり、健康に欠かせない食品だ。基本的にわれら関西人は食べる習慣が少なかったが、健康ブームでいまや全国的にひろがった感がある。「発掘!あるある大事典」で「朝晩1パックの納豆を食べると2週間で体重が減る」とテレビで紹介され、スーパー店頭は納豆品切れ状態だそうだ。正しい食べ方は①毎日2パック食べる②朝晩食べる③冷蔵庫から出し、納豆を混ぜる回数は50回以上が目安で、混ぜたあと20分放置する④タレや醤油は、納豆を食べる直前に入れる。⑤納豆には卵を入れた方が良い。卵のタンパク質は納豆菌の大好物で、入れるとより繁殖するためポリアミンの量が増加する⑥納豆とネギを1:1で入れると健康に良い。「納豆の食い方」にも正しいのがあるのかと「なっとくぅ」

2007年1月11日 (木)

賞味期限

不二家がシュークリームに消費期限切れの牛乳を使用していた問題で、マスコミが騒がしい。担当者が「捨てるのはもったいない」という心情は理解できるが、今後雪印と同様の展開になってしまうのか?缶詰やレトルトのように品質劣化が緩やかな食品に対しては賞味期限があり、弁当などのように製造日を含め5日以内で期限になる食品に対しては消費期限を表示している。もったいないと言えば、マクドナルド。ハンバーガーで10分、ポテトで7分売れ残るとすべて廃棄処分となる。私なら、廃棄せずに半額セールにしたら喜んで買う。パンや肉、魚で、当日が消費期限のものは半額になるものが多く、買う事もある。問題は、消費期限も賞味期限も売場や倉庫で、どのように管理しているかである。食品業界では大問題だが、テレビに賞味期限の切れたタレントやニュースキャスターが堂々と出演しているが、これは問題ないそうだ。

2007年1月10日 (水)

正しい手洗い

ノロウィルスの流行?以来私は手洗いを丁寧にやり始めた。正しい手洗いの方法と言うのがあるそうだ。各工程?5秒、左右あわせた全工程1分が目安だ。①手を水でぬらして、石けんをまんべんなく手にひろげて泡立たせる。②手のひらをあわせてゴシゴシ洗う。③左右の手の甲を伸ばすようにゴシゴシ洗う。④指先やつめの間も、渦を描くようにゴシゴシ洗う。⑤神にすがる様に?指の間も十分にゴシゴシ洗う。⑥一方の親指を他方の手のひらで包んで、ねじるようにゴシゴシ洗う。⑦左右の手首も忘れずにゴシゴシ洗う⑧最後に、石けんを流水できれいに洗い流して、タオルやハンカチで手を拭いて乾燥させる。洗った手が水にぬれたままだと、ウイルスや細菌が手にくっつきやすいので、きちんと手を拭く。⑨タオルは、常に清潔にしておくこと。先日テレビを見ていたら、なぜか「キムタク」が正しい手洗い方法を説明していた。私は⑥⑦が十分出来ていなかったと反省。「スマップ」もあなどれない。50歳を過ぎてはじめたら、これがほんとの「50の手洗い」である。

ワード・オブ・マウス Music ワード・オブ・マウス

アーティスト:ジャコ・パストリアス
販売元:ワーナーミュージック・ジャパン
発売日:1995/10/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2007年1月 9日 (火)

松の内

本来、松の内とは1月15日までの事らしいが、最近は七草粥を食べる7日までが正月という気分だ。と言っても我が家での7日は「白菜と水菜」と「しめじ・椎茸・えのき」の「2草3キノコ鍋」であったが・・・。今日もまた年賀状が数通届いたが、松の内だからOKだ。昨日新潟で震度4、本日東京で震度3。年初早々揺れている。防衛庁が防衛省になって今日発足。そんな矢先、アメリカ原潜と日本のタンカーがペルシャのホルムズ海峡で接触。総理がヨーロッパへ行くどさくさに、自民党の山崎拓氏が政府の反対を押し切ってなぜ北朝鮮に行くの?北朝鮮から招待されたのか?拉致問題を解決させて、手柄ひとり占めにして、次の総裁の座を目指すのか?朝青龍が負けたり、井川投手のジャパニーズイングリッシュでの会見はご愛嬌だが、松の内から何やら不穏な状況だ。
ブリンギング・イット・トゥゲザー Music ブリンギング・イット・トゥゲザー

アーティスト:ステファン・グラッペリ&トゥーツ・シールマンス
販売元:ビデオアーツ・ミュージック
発売日:2000/03/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2007年1月 8日 (月)

名を名乗る

成人の日。今年は式典で荒れたというニュースはなかったようだ。毎週月曜日の楽しみ「水戸黄門」と「のだめカンタービレ」が同時に放送終了になったのが淋しい。時代劇のチャンバラのシーンで「名を名乗れ!」というセリフをよく聞く。名を名乗らないのは卑怯者なのだ。名を名乗ると言う事は責任感の証でもある。インターネットの掲示板では、ハンドルネームはあっても当然本名ではない。人間名前を名乗らないと、発言が無責任で、益々過激になる。他人を中傷し、差別的用語を連発し、平気で嘘をつく。おそらくこのような人間は、実際に面と向かって自己主張の出来ない臆病者、卑怯者なのだろう。それとも案外、普通に付き合っていると決して悪い人間ではないのかもしれない。とは言え、ネットの世界では孟子の性善説は通用しない。インターネットで個人情報を書き込むのは無防備でライオンの檻の中に入るに等しい。ネットは便利さと共に、人格を変えてしまう恐ろしさも併せ持っている。

2007年1月 7日 (日)

男子厨房に居座る

寒波襲来!今朝は突風と小雪。私は日曜日、自らスーパーに買い物に行く。毎週日曜日は料理当番の日である。4年ほど前から自分でそう決めた。理由は簡単である。男女共同参画社会で「妻の負担軽減」・・・は表向きのキレイゴト!本当の理由は、事故、病気、離婚など不慮の理由で一人になったとき、さて!男は何も出来ないでは済まされない。最低限自分の食べるものくらい外食に頼らず作れないと生きてゆけない。とりあえず、飯炊き、味噌汁、肉じゃが、カレー、ビーフシチュー、キンピラごぼう、豚のしょうが焼き、ポテトサラダ、ぶりの照焼きなど焼き魚全般、焼肉、焼きそば、お好み焼き、うどん、鍋物などは買い物から、準備、後片付けまで出来るようになった。ただし油の揚げ物は危険と後処理が面倒ゆえチャレンジしていない。最近は便利な調味料や補材がたくさん出回っており、味付けでは大きな失敗はない。今後の課題は、高い材料を買うばかりではなく、冷蔵庫にある残った食材をいかに工夫して使うかである。主夫の道は厳しい。今年も日曜は男子厨房に居座る予定だ。

2007年1月 6日 (土)

チキンラーメン

安藤百福さんが「百歳の福」を前に96歳で亡くなった。1958年、世界で初めての量産インスタントラーメン「チキンラーメン」を開発した。当時インスタントラーメンのCMソングと言えば、紫倉麻里子が歌った「日清のチキンラーメンの唄」か、ミッキーカーチスが歌った「明星即席ラーメンのうた」か、森の木児童合唱団 が歌った「エースコックのブタブタ子ブタ」などがあったが、毎日のようにテレビやラジオで流れていた。私が高校生の頃だったか?学校から帰って、誰もいないとき、腹が減ったら、湯を沸かしてチキンラーメンを良く食べた。エースコックのワンタンメンと言うのも味は良かったが、鍋が要るのが面倒なので、つい便利さゆえ、チキンラーメンを食べた。当時はまだスチロール入りのカップラーメンが一般に出回っていなかった時代だ。インスタントラーメンばかり食べていたら健康に良くないし、長生き出来ないと言われたものだが、安藤百福さんが96歳まで生きられたという事は、これは迷信?だったのか?発売から半世紀、今日も諸般の事情でチキンラーメンを謹んでいただきました。

2007年1月 5日 (金)

PDSA

今日は年始初出勤日。世間ではカレンダーの関係で1月8日まで休む会社も多いようで車も少なめであった。英国気象庁は2007年の世界の平均気温が過去最高を更新する可能性が高いとの予測を発表した。地球温暖化の進行と太平洋のエルニーニョ現象が原因だそうだ。若いころ社内教育とやらで仕事の進め方について色々な事を習った。「継続は力なり」「PDSA(PLAN・DO・SEE・ACTION)結果の反省をしてから行動せよ」「部下は上司にほうれんそう(報告・連絡・相談)をせよ」「物事は5W1Hを明確にせよ」・・・最近では「5S(整理・整頓・清潔・清掃・しつけ)をせよ」とか、わかっちゃいるけど言うは易し、出来ない事ばかりだ。テレビの天気予報でいつも疑問に思うのは、予報の結果、当たったか?外れたか?と言う反省がない。PDばかりでSAがない。とは言え、天気予報によると、明日あさっては、寒波襲来で雪が降りそうだ。外れてくれたらラッキーだ。

2007年1月 4日 (木)

福袋

毎年正月のテレビニュースで、定番になっているのが、デパートに客が群がる福袋商戦の模様である。福袋が始めて売られたのは明治40年の松屋説と明治44年の松坂屋説の2つがあるそうだが、私のような冷めた人間から見れば、所詮、客が見向きもしなかった売れ残り品の処分市である。確かに価格的にはお買い得なのだろうが、中身のわからない、買う必要のないものを買って何の意味があるのか?しかも我先にと開店前から長蛇の列で、開店と同時に売り場にダッシュ!中には袋を破って中身をのぞいたり、中身を別の袋のものとすりかえたりする行為は犯罪に等しい。買って得をしたと思っている人が哀れに思える。福袋は本来、福を求めるという精神的な意味合いのものだったと思うが、今や福袋を求める人は「物欲の権化」という様相を呈している。年末大掃除で、「モッタイナイ」が思い切ってイロイロ捨てた。衣料品、カセットテープ、ビデオテープ、カバン、ポーチ、10年以上前いただいた年賀状、などなど。今年の私のキーワードは「物を減らそう!1つ買ったら2つ捨てる」である。物欲が少しずつなくなって来た私は老齢の域に入ったのだろうか?

2007年1月 3日 (水)

クラス会

本日は若い頃から継続している毎年恒例の高校のクラス会。集合時刻前、様相が一変した大阪ミナミを駆け足で散策。心斎橋そごう、アメリカ村ビッグステップ、なんばパークス、OIOI丸井、無印良品、タワーレコードなどを1時間30分で駆け巡った。かなり強行ツアーである。タワレコの「のだめ関連」コーナーでシューベルトのピアノソナタ第16番が入ったCDとジャズバイオリンの巨匠ステファングラッペリのCDを購入。そして、開宴!居酒屋Gで白昼堂々酒を飲んだ。会費4000円。参加メンバーも当然ながら私と同じだけ歳をとり、話題も、若い頃は、旅行、結婚、趣味などであったが、近年は介護、病気、孫、温泉などオジン臭くなって行くのがちょいと寂しい。時の流れを身に沁みて感じた。

2007年1月 2日 (火)

ぐうたら

今日は朝から食っちゃ寝の「ぐうたら」な1日であった。宮部みゆき著「名もなき毒」を少し読み、ホームページのイメージチェンジをし、ジョージハリスンやポールアンカやシューベルトやパーセルのCDなどイロイロ聴きながらの「ぐうたら」だ。「ぐうたら」の語源は、「愚」が長音化したものに「弛む」が変化した言葉と言う説と、スコットランドの一部地域で怠け者のことを「グウタラー」と呼ばれそれが日本に入ったと言う説もある。人生には怠惰と勤勉、余裕と緊張、リラックスとストレス、日常と非日常など相反する言葉がある。サラリーマンは日常の仕事が始まると勤勉に働き、仕事上で緊張感を持ち、人間関係でストレスがたまる。正月はそれらをリセットする期間だ。非日常の体験をし、怠惰に、余裕を持って、リラックスして、ぐうたらに過ごすのが正月と言うものだ。

2007年1月 1日 (月)

人口減少

平穏な元旦である。午前5時より布団に潜ったままで読書。おせち料理を少し食べたが、初詣にも行かず、年始の挨拶回りもせず、酒も一滴も飲まず、ごく普通の1日であった。2006年は2005年より出生数が23,000人増え1,086,000人だったが死亡数が1,092,000人だったので、人口は6000人減であった。出生数は2007年以降は減少するそうで、人口減、少子高齢化の傾向は続きそうだ。1960年代、洋楽好きの私は小島正雄さんがDJをしていた「9500万人のポピュラーリクエスト」というラジオ番組を毎週聴いていた。現在日本の人口は12,7820,000人であるが、このペースで人口が減少するといずれ1960年代の人口に逆戻りしそうだ。このままでは日本民族は滅びる!生めよ増やせよ!

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »