« クラス会 | トップページ | PDSA »

2007年1月 4日 (木)

福袋

毎年正月のテレビニュースで、定番になっているのが、デパートに客が群がる福袋商戦の模様である。福袋が始めて売られたのは明治40年の松屋説と明治44年の松坂屋説の2つがあるそうだが、私のような冷めた人間から見れば、所詮、客が見向きもしなかった売れ残り品の処分市である。確かに価格的にはお買い得なのだろうが、中身のわからない、買う必要のないものを買って何の意味があるのか?しかも我先にと開店前から長蛇の列で、開店と同時に売り場にダッシュ!中には袋を破って中身をのぞいたり、中身を別の袋のものとすりかえたりする行為は犯罪に等しい。買って得をしたと思っている人が哀れに思える。福袋は本来、福を求めるという精神的な意味合いのものだったと思うが、今や福袋を求める人は「物欲の権化」という様相を呈している。年末大掃除で、「モッタイナイ」が思い切ってイロイロ捨てた。衣料品、カセットテープ、ビデオテープ、カバン、ポーチ、10年以上前いただいた年賀状、などなど。今年の私のキーワードは「物を減らそう!1つ買ったら2つ捨てる」である。物欲が少しずつなくなって来た私は老齢の域に入ったのだろうか?

« クラス会 | トップページ | PDSA »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/185107/4794670

この記事へのトラックバック一覧です: 福袋:

« クラス会 | トップページ | PDSA »