« 墓石 | トップページ | 同族企業 »

2007年1月15日 (月)

暖冬とは言うけれど

今年は暖冬なのだろうか、スタッドレスタイヤに交換してから、まだその活躍の場面がないのは有難いが、比較的暖かだ。エルニーニョ現象は南米のペルー沖の海面水温が平年に比べて高くなり、その状態が1年程度続く現象であり、逆に、低い状態が続く現象はラニーニャ現象と呼ばれる。現在のようにエルニーニョ現象の時は「暖冬冷夏」、逆にラニーニャ現象の時は「寒冬暑夏」になるそうだ。気象用語で面白いのはアメダスである。Automated Meteorological Data Acquisition Systemの略で、「地域気象観測システム」の事だが、どうしても大阪弁の「雨だす」と聞こえる。大阪と言えば今年の夏、大阪で世界陸上が開催される。メインスタジアムの長居競技場付近のホームレスたちは1週間のうちに立ち退きをしなければならない。大国フランスだってワーキングプアーと言う、就業していても家をもてないホームレスがたくさんいるのに、世界陸上があるからと言って見栄を張ることはない。ありのままの大阪を見てもらえばよい。暖冬とは言えホームレス諸氏にとっては厳しい冬だ。

A Little Touch of Schmilsson in the Night Music A Little Touch of Schmilsson in the Night

アーティスト:Harry Nilsson
販売元:RCA
発売日:2006/05/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 墓石 | トップページ | 同族企業 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 墓石 | トップページ | 同族企業 »