« 男子厨房に居座る | トップページ | 松の内 »

2007年1月 8日 (月)

名を名乗る

成人の日。今年は式典で荒れたというニュースはなかったようだ。毎週月曜日の楽しみ「水戸黄門」と「のだめカンタービレ」が同時に放送終了になったのが淋しい。時代劇のチャンバラのシーンで「名を名乗れ!」というセリフをよく聞く。名を名乗らないのは卑怯者なのだ。名を名乗ると言う事は責任感の証でもある。インターネットの掲示板では、ハンドルネームはあっても当然本名ではない。人間名前を名乗らないと、発言が無責任で、益々過激になる。他人を中傷し、差別的用語を連発し、平気で嘘をつく。おそらくこのような人間は、実際に面と向かって自己主張の出来ない臆病者、卑怯者なのだろう。それとも案外、普通に付き合っていると決して悪い人間ではないのかもしれない。とは言え、ネットの世界では孟子の性善説は通用しない。インターネットで個人情報を書き込むのは無防備でライオンの檻の中に入るに等しい。ネットは便利さと共に、人格を変えてしまう恐ろしさも併せ持っている。

« 男子厨房に居座る | トップページ | 松の内 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/185107/4909097

この記事へのトラックバック一覧です: 名を名乗る:

« 男子厨房に居座る | トップページ | 松の内 »