« 重版出来 | トップページ | 高濃度茶カテキン »

2007年1月31日 (水)

ヴォーリズ

ヴォーリズ建築として知られる滋賀県甲賀市にある滋賀銀行甲南支店が建物の老朽化のため8月に移転する事が決まった。建物を残すか壊すか今検討中だそうだ。米国の建築家ヴォーリズが設計し、1925年に建築された。鉄筋コンクリート2階建て、正面のギリシャ風古典様式の柱などに特徴がある。80年前から現代までそのまま使っていたのがすごい。ヴォーリズと言えば建築家であり、キリスト教プロテスタントの伝道者(牧師ではない)であり、英語教師として来日し、近江兄弟社を設立し、メンソレータム販売権を取得した実業者でもある。大丸心斎橋本店、軽井沢ユニオン教会、神戸女学院大学、同志社大学今出川キャンパス、滋賀県では八幡商業高校、日本基督教団今津教会、豊郷小旧校舎など、彼の残した建築物は今なお文化的価値を持っている。耐震偽装のマンションやホテルを設計した人とは違う、本物の超!一級建築家だ。

« 重版出来 | トップページ | 高濃度茶カテキン »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/185107/5161235

この記事へのトラックバック一覧です: ヴォーリズ:

« 重版出来 | トップページ | 高濃度茶カテキン »