« ゆびとま | トップページ | 第49回グラミー賞偏見だらけの所感 »

2007年2月22日 (木)

英語教育

嫌なシーズンがやって来た。今年はスギ花粉の飛散量が例年より少ないそうだが、今日は大量に飛散していたようで、目が痒く、くしゃみ連発!マスクで防備したが「焼け石に水」であった。英語で言うと「not come close to・・・ほど遠い」、「just a drop in the bucket・・・ほんの少し、大海の一滴」と言うべきか。昨晩グラミー賞の授賞式の模様をVTRで見た。字幕が出るから会話はわかるが歌詞の意味がさっぱりわからん!私たちの世代の英語教育は会話やヒアリングがあまり重視されていなかったので、この歳になっても、ネイティブの外人さんと会話も出来ないし、言っている意味もわからない。教育がまちがっとった!かと言っていまさらNOVAに法外な授業料を払うのもばかばかしいし、悩むところだ。

« ゆびとま | トップページ | 第49回グラミー賞偏見だらけの所感 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ゆびとま | トップページ | 第49回グラミー賞偏見だらけの所感 »