« 演奏会のビデオ | トップページ | ジェットストリーム »

2007年2月 4日 (日)

グラミー賞直前大予想

第49回グラミー賞の発表が日本時間2007年2月12日の昼頃から行われる。主要4部門の直前大予想をしてみた。とは言ってもかなり個人的偏見をまじえた予想なので、メアリージェイブライジやナールズバークレイなど個人的に嫌いなアーチストはどうしても選びたくない。①年間最優秀レコード賞はコリーヌベイリーレイの「Put Your Records On」またはジェイムスブラントの「You’re Beautiful」・・・どちらも爽やか健全系?の歌だ。②年間最優秀アルバム賞はディキシーチックスの「Taking The Long Way」またはジョンメイヤーの「Continuum」・・・ブッシュ批判をしたディキシーチックスが政治的圧力を受けなかったら、多分受賞できると思うが、ジョンメイヤーも捨てがたい。③年間最優秀楽曲賞はディキシーチックスの「Taking The Long Way」またはキャリーアンダーウッドの「Jesus Take The Wheel」どちらもカントリー色の強い曲だが、キャリーアンダーウッドの方が内容的に健全だ。④年間最優秀新人賞はジェイムスブラントまたはコリーヌベイリレイ。グラミー賞は受賞者が偏る事が多い。ディキシーチックスとジェイムスブラントとコリーヌベイリーレイのいずれかが3部門独占と言うこともありうる。メアリージェイブライジのファンの皆様、候補に挙げずすんません。

コリーヌ・ベイリー・レイ Music コリーヌ・ベイリー・レイ

アーティスト:コリーヌ・ベイリー・レイ
販売元:東芝EMI
発売日:2006/07/12
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 演奏会のビデオ | トップページ | ジェットストリーム »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/185107/5201781

この記事へのトラックバック一覧です: グラミー賞直前大予想:

« 演奏会のビデオ | トップページ | ジェットストリーム »