« 白鵬 | トップページ | ミャンマー »

2007年3月26日 (月)

カニ族

私が20歳前後の頃、貧乏学生には海外旅行など、夢のまた夢であった。旅行と言えば国内旅行であり、全国あちこち旅をしたものだ。当時の若者は、長期間、安上がりの旅行をするため、宿泊は、民宿かユースホステルと呼ばれる宿泊施設を利用し、今では縦長のリュックが当たり前だが、当時は大きな横長のリュックを背負って旅をするのが主流だった。狭いところを通るとき、横歩きしたので「カニ族」と呼ばれた。私がリュックを背負って友達と始めて旅行をしたのが能登半島であった。特に印象に残っているのが曽々木海岸の美しさと、半島の最先端の狼煙という所の民宿の暖かい家族的なもてなしだった。昨日の地震で、観光どころではなさそうだ。早期復旧を祈るのみだ。

« 白鵬 | トップページ | ミャンマー »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/185107/5824656

この記事へのトラックバック一覧です: カニ族:

« 白鵬 | トップページ | ミャンマー »