« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月30日 (月)

洗車

今日も初夏のような好天。畑を少し耕して(と言うほど広くはないが)野菜の苗を植える場所を確保した。昼からはバイオリンの練習と自家用車の洗車。洗車と言えばシェリルクロウの「All I Wanna Do」の歌詞にあったフレーズ・・・「The good people of the world are washing ther cars On their lunch break hosing and scrubbing As best they can in skirts in suits」訳すと「善き人々は車を洗っている。昼休みホースで水をかけ、ゴシゴシこすって、スカートやスーツ姿で一生懸命」と昼間から洗車場の向かいのバーでビールを飲みながら金持ちやエリートを皮肉ったフレーズだ。こんな他愛もない歌が1994年のグラミー賞年間最優秀レコード賞を取ったのかと今頃気づいた。

Tuesday Night Music Club Music Tuesday Night Music Club

アーティスト:Sheryl Crow
販売元:Universal
発売日:1993/08/03
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2007年4月29日 (日)

英会話のレッスン

好天の休日、辺りは静かだ。午前中買い物、草引き、そして夏野菜第1号トマトの苗を2本だけ植えた。午後は、英会話レッスン。常識的に考えて、この年齢で英会話を始めるのは無謀だが、何事もチャレンジだ。巷の英会話教室のように、テキストがあってレッスン1から始めるわけではない。自分で課題を持って受ける。今日は私の大好きな洋楽ヒット曲の歌詞10曲分ほどプリントして、臨んだ。まずリーディング。自分では正しく出来ていると思ったが意外と難しい。wouldn'tのWの発音が微妙に違うそうだ。ohは「オー」ではなく「オーウ」なのだ。さらにラブソングにつきもののheartのHが「こもった」音に聞こえるそうだ。まさにネイティブだからこそ指摘できる点だ。いろんなスラングも英語で教えてもらった。今日のレッスンで勉強?した歌は「You're Beautiful」「Wide Open Spaces」「My Heart Will Go On」「Change The World」「Reminiscing」「Yesterday」などである。英会話の道は厳しいが楽しい。ちなみに、私の大好きなリトルリバーバンドのReminiscingとは「追憶」と言う意味だそうだ。

2007年4月28日 (土)

血圧計

我が家に血圧計がある。めったに使わないが久々使ってみた。幸い、上128、下82でまずまずの結果だが、上とか下とか、どう言う意味があるのか、この歳になるまで知らなかった。「上の血圧は収縮期血圧」「下の血圧は拡張期血圧」なのだ。最近「平均血圧」と「脈圧」言う言葉を良く耳にする。平均血圧=下の血圧+(上の血圧-下の血圧)÷3であり、脈圧=上の血圧-下の血圧で算出される。そして、平均血圧は、細い血管の動脈硬化で上がり、太い血管にまで動脈硬化が進行すると、脈圧が上がる。最近は血圧計でも、従来の腕に巻くものと、手首に巻くものがある。どちらも、測定時に巻いた部分を心臓の高さにするのが正しいそうだ。さみしい話だが、老後、ヒマで、する事がなくなったら、血圧計でお医者さんごっこでもしようと思う。

2007年4月27日 (金)

ゴールデンウィーク前夜

ゴールデンウィークと誰が名付けたのか知らないが、明日から9連休の企業もあれば、わが社のようにカレンダー通り勤務するところもある。今日は金曜日だが、各社とも既に気分は連休モードになっているのか、電話も少なく静かな1日であった。でも、なぜ休みなのかを正確に言える人は意外と少ない。4月29日は、かつては「天皇誕生日」~そして「みどりの日」~そして今年2007年から「昭和の日」となった。4月30日はその振替休日。5月3日は「憲法記念日」、5月5日は「こどもの日」、その間の5月4日が新しく「みどりの日」になった。理由は何であれ、今年も、ゴールデンウィークには、ゴールデンカレー辛口でも食べながら、旅や行楽地にも行かず、恒例の畑仕事と身辺整理などで、安上がりに過ごす予定である。
ストレンジャー(紙ジャケット仕様) Music ストレンジャー(紙ジャケット仕様)

アーティスト:ビリー・ジョエル
販売元:Sony Music Direct
発売日:2004/11/03
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2007年4月26日 (木)

バイオガソリン

バイオガソリンの販売が始まった。地球温暖化防止につながり、良い事だと思うが、その原料がトウモロコシやサトウキビなど食料である。と言う事は今度は食糧難が予想される。また、資源の乏しい日本では、中東から石油を買っていたように、フランスなどからバイオエタノールを買わなければならず、大変だ。映画「BACK TO THE FUTURE」パート1で、タイムマシンの「デロリアン」はプルトニウムで動かしたが、パート2では生ゴミを燃料にして動いた。これこそ未来のバイオエタノール?だ。日本には木造建築が多いが、これらの建築廃材で、ガソリンに替わる燃料が出来ないものか?それとも資源の乏しい日本は、ソーラー発電の車の開発にもっと力を入れてゆくべきではないのか?

2007年4月25日 (水)

済し崩し

JR福知山線の脱線事故から2年。2005年4月25日午前9時18分頃の出来事で、死者107名、負傷者562名の大惨事であった。忘れられない事故だ。少しさかのぼって1991年5月14日単線の信楽高原鉄道線で列車の正面衝突事故が発生し死者42名、負傷者614名の大惨事であった。人間の記憶は少しずつ薄れてゆく。戦争も、災害も、事件も、時の経過とともに、「なしくずし」的に忘れられて行くのが常だ。ラジオで聞いた話だが、「なしくずし」と言う言葉がマイナスのイメージで使われることが日常的だが、本当はプラスのイメージの言葉なのだそうだ。漢字で「済し崩し」と書き、「借りた金を少しずつ返済していくこと」「物事を少しずつ片付けていくこと」をなしくずしと言うそうだ。事故は風化させてはならない。教訓として、語り継がれなければならない。

Tapestry Music Tapestry

アーティスト:Carole King
販売元:Legacy
発売日:2001/11/05
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2007年4月24日 (火)

サミット会場

来年のサミットのメイン会場に決まったザ・ウィンザーホテル洞爺の歴史は波乱万丈だ。このホテルの前身は600億円?の大金を北海道拓殖銀行が融資して1993年のエイペックス洞爺としてオープンしたが、バブルが弾け1998年営業停止になり、廃墟同然になったホテルをセコムの関連会社が10分に1の値段で買い取り、2002年ザ・ウィンザーホテル洞爺としてオープンした。40年ほど前、支笏湖、洞爺湖、昭和新山など観光した記憶があるが、その当時は当然民宿かユースホステル泊まりだった。ザ・ウィンザーホテル洞爺は、私などシモジモの者には生涯宿泊できないようなめちゃくちゃ豪華なホテルだが、今回のサミットでまた格が上がった。人生楽ありゃ苦もあるさ。人生色々ホテルも色々。

2007年4月23日 (月)

電子マネー

「Edy」「Suica」「iD」「スマートプラス」そして「nanaco」・・・オサイフ携帯やら電子マネーなどなど、いよいよ私にはついて行けない時代になってきた。そもそも私はクレジットカードすら持っていない。カードで物を買う習慣がない。私の場合、現金だけが決済手段なのである。「時そば」と言う落語のネタがある。そばを食べ終わった客が支払いを誤魔化すのである。「おやじ!いくらだい?」「ええと、十六文です。」「銭が細けえんだ。お前さんの手に置くから、手をだしてくんねえか。」「へい。」「十六文だったな?ひー、ふうー、みー、よー、いつ、むー、なな、やー、今何刻(なんどき)だい?」「エー、ここのつ(九刻)で。」「とお、十一、十二、十三、十四、十五、十六・・・じゃ、あばよー。」と「一文」誤魔化して立ち去る話である。電子マネーではこんな不正は出来ない。

2007年4月22日 (日)

政治ショー

「日曜討論」、「報道2001」、「サンデープロジェクト」、「たかじんのそこまで言って委員会」、「ビートたけしのTVタックル」など最近は政治ワイドショー的な番組が多い。NHKの「日曜討論」は、面白みはないが、さすがに中立で望ましい内容だが、その他の番組は、まず司会者の思想的偏向があって、中立的議論をしていない。しかも人の話をちゃんと聞かず、声の大きな過激な論者の発言を中心に、「学級崩壊」の様相だ。以前は興味深く見ていたが、最近はばかばかしくて見ないことが多くなった。こんな番組に、ほとんどレギュラー出演している国会議員は、政治家ではなく芸能人と呼ぶほうが相応しい。関西では芸人と呼ぶが、本来芸能人とは大衆的な演芸を職業としている人、さらに古くは寺社仏閣に歌舞音曲を奉納する人や伝統芸能に従事する人を言った。政治の世界に「政治家」が少なくなったように、お笑いの世界に「話芸」の出来る芸能人が少なくなった。

2007年4月21日 (土)

フォント

私のパソコンの中には日英合わせて400種類ほどのフォントが入っている。実際に文章で使っているのはMS明朝やMSゴシックがほとんどで、一度も使った事のないものがほとんどだ。とは言え、削除するのは惜しいのでそのまま放置してある。ただ、最近いろいろなデザインやチラシなどを作る時、どうしてもこだわりのあるフォントを使いたくなる。同じ明朝体やゴシック体でもMS、DF、ヒラギノ、小塚、モトヤなど微妙な違いがあって面白い。フォントにはフォントの持つ独特な雰囲気がある。「和風文章」にはHG正楷書体やDF行書体や京円、勘亭流、「カジュアルな表現」の時はまるもじやPOP体、「気取った感じ」のDF優雅宋、「個性的」な唐風隷書体や金文体、「遊び心」のあるDFクラフト遊、DFクラフト墨、DFブラッシュ、さむらい、朗太書、「印鑑の文字」の白舟太篆書などが面白い。ただ、日本語だけでもひらがな、かたかな、漢字があるのに、それぞれ開発する人のエネルギーと言うか根気は素晴らしいものだとつくづく感心する。フォント作りはふぉんとに大変だ。
Whole Story: His Greatest Hits Music Whole Story: His Greatest Hits

アーティスト:Cliff Richard
販売元:Emi
発売日:2002/04/01
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2007年4月20日 (金)

緑資源機構

農水省所管の「緑資源機構」の歴代の林道企画課長が中心となって10年近くにわたり、独占禁止法違反に当たる談合をやっていた。談合は入札業者同士がやるから談合なのであって、役人も加わるとは呆れ返る!緑資源機構と言う怪しい組織こそ解体してしまえ!と言いたい。松岡農水大臣が「緑資源機構」談合の背景である天下り問題について「天下りの自粛も視野に検討しなければならない」「常識的に考えても、このままではいけないと認識している」と述べたそうだが、「なんとか還元水」の大嘘で流行語大賞候補に名乗りをあげた?あんたが言っても説得力なし。

2007年4月19日 (木)

江戸しぐさ

最近テレビで放映している公共広告機構の江戸しぐさのCMがなかなか良い。しぐさに隠されている江戸っ子の心意気の部分が表情豊かに表現されていると思う。越川禮子著「商人道江戸しぐさの知恵袋」は素晴らしい本だ。マナーや道徳と言う前に一読の価値がある。現代人にまさに欠けている点で、我ながらハッと思い当たる部分も多い。★忙しいと言うな、忙しいとは心を亡くすこと、決して自慢できることではない。 ★人の話を真剣に聞くときにメモをとるな、メモを取ると話す人の気が散り聞く人の真剣味が減る 。★自分と違う意見をないがしろにするな、意見が違うから参考になる。★はい、はいと二度返事をするな、一度目は了解、二度目は迷惑。★人に行き先をむやみに聞くな、プライバシーを尊重せよ。★初対面の人に年齢、職業、地位を聞くな、聞いて付き合い方を変えるのか。★人と会っている時に足組み、腕組みをするな、自分を誇示する印象を与える。★紹介者を飛び越えて親密になるな、紹介していただいたことに感謝せよ。★突然の訪問、遅刻で人の時泥棒をするな、自分の時間だけでなく相手の時間も奪っていることに気づけ 。★常に人を思いやれ、乗合い船で腰の両側にこぶしをついて軽く腰を浮かせ、少しずつ幅を詰めながら1人分の空間を作って譲れ。・・・現代日本はシルバーシートを若者が占拠する時代。こんな日本に誰がした。美しくない日本!

ボビー・コールドウェル・ザ・ベスト Music ボビー・コールドウェル・ザ・ベスト

アーティスト:ボビー・コールドウェル
販売元:ビクターエンタテインメント
発売日:2004/12/29
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2007年4月18日 (水)

銃撃事件

昨日長崎市の伊藤一長市長が選挙中に銃撃され、死亡。どの役所でもトラブルは抱えているだろうが、逆恨みで市長が狙われるのでは、自由と民主主義の社会の根幹を揺るがす許しがたい行為だ。アメリカでも一昨日バージニア工科大学で銃の乱射によって30人以上が殺されるという衝撃的な事件が起こった。背景がわからないので何とも言えないが、あまりにも悲劇的な事件だ。ただ犯人が韓国人留学生だからと言って韓国人に対して偏見を持つのは絶対良くない。これはあくまで凶悪犯罪を犯した「個人」の問題であり、「国籍」の問題ではない。いずれにせよ連日の銃に纏わる事件で、気が重い。明るいニュースはないのか?

2007年4月17日 (火)

名刺の整理

人生折り返し点を過ぎて、私は一体何人の人と接し、さらに絞り込んで、公私合わせて何人の人と名刺交換をしただろうか?名刺ファイルを整理しながらふとそんな事を考えた。業務上の名刺は、大きく分けて「売り先・客先」「支払い先・仕入先」「公共機関・その他」で社名組織名の50音順に分類してある。しかし個人の分は分類が煩雑だ。名刺交換した年代別も考えたが、結局は「学友」「親族」「異業種交流会」「音楽趣味」「以前の会社関係」「介護病院関係」「PTA町内会等」「飲食店」「その他」に分類し、さらにいろいろたまった診察券、テレカ、ポイントカードなども一角に集めた。とにかく1週間かけて、1800枚ほどの名刺をファイルに整理し、相手の顔も思い出せない一過性の営業名刺100枚ほどは捨てられる運命になった。こんな場合、「針供養」のように「名刺供養」をしないと、本人が化けて出てくるのだろうか?

2007年4月16日 (月)

国民投票法案

国民投票法案は与党の数の力で5月3日までには通過してしまうだろう。なぜ論議不十分なままこんなに急ぐのか?アメリカの圧力で憲法9条をさっさと変えてしまう必要があるのだろうが、問題点が多い。法案の問題点は①投票権者は18歳以上。ただし選挙権年齢や成人年齢が引き下げられるまでは20歳以上・・・と言う事は今後選挙年齢が18歳に引き下げられるのか?ついでに、これって酒やタバコも18歳で解禁になるという意味?②賛成・反対票を合計した有効投票総数の過半数の賛成で成立・・・と言う事は最低投票総数についての規定がない。つまり、多くの有権者が棄権して、たとえば30%の投票しかなく、その有効投票総数の過半数の15%そこそこの賛成で大切な憲法改正について国民の承認を受けたとされるようなことがあり得る。重大な事を決めるのだから最低でも有権者の6割か7割程度の賛成が必要ではないかと思う。かと言って民主党案のように「生命倫理」の議論まで国民投票で、と拡大解釈してしまったら、これはもう間接民主制を逸脱してしまう。たぶんゴールデンウィーク前国民がウキウキしているドサクサに可決されそうだ。

2007年4月15日 (日)

動画サイト

お昼の12時19分三重県で震度5強の地震発生!わが地方は発表では震度3であったが、実感としては震度4程度だった。夜の18時44分に余震があった。★午後NHKBSの動画サイトの特集番組を見た。YOUTUBEに代表される動画サイトの開始で、今では見たいものが何でも見られ、撮影した画像を自由にアップロード出来る時代になった。反面著作権が侵害され、それが防止出来なくなって来た。またこれらが政治などに利用されるだろうし、また他人の誹謗中傷も際限なく拡がって行きそうだ。情報がマスコミから発信されるだけではなく、個人がいくらでも情報発信でき、情報操作、扇動、洗脳も可能になってしまう。見る側が真偽を見極めないと、何が真実で何が虚偽なのかが混乱してしまう事態が起こるかもしれない。と言いながら、今日もYOUTUBEで洋楽鑑賞している。

2007年4月14日 (土)

京の街中散策

異業種交流会のイベントに参加した。京都の知られざる名所旧跡を訪ねる催しだ。鴨川の東、川と並行し北は松原通りから南は七条に至る全長約1kmほどの大黒町通りを中心に散策した。途中寿延寺に大黒天がまつられているのが通りの名前の由来だ。通常の観光客は入れない寺の中も見せていただき、その素晴らしさに圧倒させられた。そして耳塚(鼻塚)と呼ばれるところで供養のお参りもした。秀吉の朝鮮出兵で、配下の武将が戦功のしるしに首級のかわりに朝鮮軍民の鼻や耳を削ぎ塩漬けにして日本に持ち帰り、この地に供養に埋められたと言い伝えのある場所である。1590年代の秀吉の愚行により朝鮮人民の受難の歴史を見せつけられ、侵略戦争の愚かしさを思い知らされた。もし今日のイベントがなかったら生涯見る機会がなかったようないろんな体験が出来、京都の町の歴史の重さと奥深さを改めて勉強した。

2007年4月13日 (金)

ハチの失踪

アメリカ全土でミツバチが巣箱から集団で失踪する怪現象が広がっているそうだ。疑われる原因については、蜜の採集などの作業で過度のノルマを課せられたことによる“過労死説”や、農薬の影響、ハチの免疫系を破壊する疾病などが挙げられるが特定出来ていない。死んだのなら死骸が見つかるはずなのにそれも確認出来ないのが謎だ。毎年メロンの栽培を行っている近所の農家では、ハウス内に業者からレンタルしたハチを放ち、受粉後巣箱に回収されている。ハチもお疲れなのだろうか?昔、ロッキード裁判で、田中元首相秘書の前夫人である榎本三恵子が金銭受け取りを否定する田中証言を覆す爆弾証言を行い、「ハチの一刺し」が流行語になったが、今の若者はそんな流行語は知らないだろう。

The Very Best of Roy Orbison Music The Very Best of Roy Orbison

アーティスト:Roy Orbison
販売元:Virgin Television
発売日:1997/03/11
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2007年4月12日 (木)

温家宝首相演説

温家宝首相は中国の首相として初めて国会演説を行った。とりあえず日中関係は一歩前進だ。今回の来日を「氷を溶かす旅」で「友情と協力のために貴国にきた」と強調したが本音とは思えない。戦略的互恵関係の構築など少々奇麗事が多かったが、総理は靖国参拝するな!台湾の独立は認めるな!と暗に、きっちり釘を刺していた。今回の演説で画期的な点が二つあった。演説が中国でも生放送で伝えられた。日本敵視から少し友好に方向転換した方が中国の国益になると考えたのだろう。そしてもう一点は、いつも議員の野次、怒号、私語で学級崩壊?状態の国会が、今日は静聴し、みんな「良い子」に変身していた点だ。やれば出来るのだ。国会はいつもこうあって欲しいものだ。

2007年4月11日 (水)

バイオ燃料

トウモロコシなどから作った環境にやさしいバイオ燃料で自動車を動かす研究が具体化してきた。ガソリン価格も高くなり、石油燃料の代替物として注目されている。ブラジルではエタノール自動車が普及しており、日本の自動車メーカー各社も、バイオ燃料を利用できるエンジンの開発を行いつつある。だからと言って、石油をやめて、トウモロコシやサトウキビばかり使用すると、今度は作物が不足し、食料不足が起こり、価格も高騰するのは必定だ。自動車メーカーには申し訳ないが、結局は車の台数が多すぎるのだ。毎朝通勤途上車が渋滞するが、ほとんどの車は1人しか乗っていない。2人相乗りしたら単純に計算しても車の台数は半分になり、無駄なガソリン消費もなくなる。介護施設のデイサービスのように、何名かの社員の自宅まで迎えに行き、送迎したら車の台数は減らせると思うのだが・・・。

The Very Best of Dusty Springfield Music The Very Best of Dusty Springfield

アーティスト:Dusty Springfield
販売元:Mercury
発売日:1998/04/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2007年4月10日 (火)

オヤジの条件

オヤジの条件を列挙する。①最近の若いやつはとつい言ってしまう。②健康、体形、髪の薄さが気になる。③ギャグを言いたくなる。④政治家の話が好きになる。⑤新しいことが面倒くさい。⑥細かいマニュアルが、嫌いだ。⑦サッカーよりもプロ野球や大相撲が好きだ。⑧3つボタン・スーツが似合わない。⑨動作が鈍く、座るときどっこいしょと言う。⑩いつも同じ話をしてしまう。⑪シャツは出すと、だらしないので、ズボンに入れた方がよいと思う。⑫ズボン下パッチを違和感なく穿く。⑬若い女性を、ネーチャンと声をかけてしまう。⑭出されたおしぼりで顔や首筋まで拭く⑮水戸黄門を見る。・・・昨日から水戸黄門新シリーズが始まったので、見た。完全にオヤジである。わけあって私は、「おけらの新助」役の松井智英改め松井天斗のファンである。

この胸のときめきを〜ベスト・オブ・ダスティ・スプリングフィールド Music この胸のときめきを〜ベスト・オブ・ダスティ・スプリングフィールド

アーティスト:ダスティ・スプリングフィールド
販売元:ユニバーサルインターナショナル
発売日:2000/07/26
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2007年4月 9日 (月)

タウンページ

NTTは毎年分厚いタウンページやハローページを更新し、新しいものを持って来て、古いものを回収して行く。固定電話を契約している所に持って行くのが契約上当然であるし、それに携わる紙、印刷、輸送業者もその売上を当てにしているはずだ。ただ、インターネットを利用して見られるように出来ないのだろうか?我が家では昨年1年間1回も見た形跡がない。NTTは広告収入があり腹は痛まないのだろうが、紙資源や運搬に要するガゾリンの事を思うと実にもったいない話だ。同様に最近慶弔のお返しなどで、カタログで希望の品がもらえる事が多い。あのカタログも、もらう側からすれば嬉しいが、たった1回使うだけなのに、フルカラーで紙がもったいない。昨日の県議会選挙で新幹線駅誘致凍結派の「もったいない」をスローガンにした滋賀県嘉田知事が優勢になり、新幹線駅誘致推進派の「抵抗勢力」が過半数割れした。これで立場が逆転し、一気に知事が働きやすくなった。

2007年4月 8日 (日)

桜満開!

温暖な気候で桜の開花が早まると言っていたが、結局この時期に帳尻を合わせて桜満開。自然の時計に狂いはない。遠山左衛門尉景元(とおやま・さえもんのじょう・かげもと)別名遠山金四郎の名セリフ「やかましぃやい! 悪党ども!おうおうおう、黙って聞いてりゃ寝ぼけた事をぬかしやがって!!この桜吹雪に見覚えがねぇとは言わせねえぜ!この遠山の桜吹雪、散らせるもんなら散らしてみろぃ!」春なら、季節感があって良いが、秋になったらちょっと違和感がある。金さんも右肩に桜なら、左肩にモミジの彫り物でもすればいいのにと思う。 春爛漫、ソメイヨシノもそろそろ寿命だし、地球温暖化による異常気象で、こんな日本の素晴らしい情景はいつまで見られるのだろうか?

2007年4月 7日 (土)

NHKのメジャー報道

メジャー初勝利を挙げたレッドソックスの松坂大輔の報道をめぐり、尾身財務相が「この種の問題をNHKが毎朝取り上げるのは、ニュースのバランスからみて問題がある」と述べ、NHKの報道姿勢を批判した。確かに一理ある。イチロー松井のメジャー入り以来、毎日取り上げるのはどうかと言う疑問は感じる。民放は視聴率アップのため真実を誇張捏造してでも視聴者の喜ぶ事に迎合しようとする昨今、公共放送のNHKは真実をバランスよく粛々と伝える任務があると思うし、それが嫌ならNHKを見なければ良い。ただ、民放の人気番組をそのまま真似したような「NHK春の新番組」があるのが情けない。NHKはドラマやバラエティをやめて、今の総合テレビと教育テレビを一緒にしたら良いのではないか。視聴率のめちゃ低い教育テレビこそ、良識ある番組をたくさん放映している。視聴率が低いと言う事は言い換えれば大衆に迎合していないと言う証しだ。視聴率の低さをむしろ誇るべきだと思う。

2007年4月 6日 (金)

サイコロ

気温2度の寒さの中、むちゃくちゃ期待され、そのデビュー戦で、10奪三振でロイヤルズを7回1点に抑え期待通りの活躍を、さらりと遣って退けたレッドソックス松坂大輔は素晴らしい。松坂の晴れ姿を、今朝早朝4時に起床して、NHKBSで観戦した私も偉い!と言うよりヒノキ花粉症で鼻が詰まって寝られず仕方なく起きたのが理由だが・・・地元では大輔を「Dice―K」と呼んでいるそうだ。丁半博打のサイコロのようだが、発音としては合理的だ。サイコロの歴史は古い。インダス文明の遺跡から出土したとか、正六面体のサイコロは古代エジプトで発祥したとか、奈良時代中国から日本へ伝わったとか・・・松坂のメジャーデビュー!紀元前49年、ポンペイウスと争ったカエサルが、軍隊を率いてルビコン川を渡る時に言った言葉「賽は投げられた!」・・・あとはやるしかない。

2007年4月 5日 (木)

英会話スクール

英会話のラドが自己破産した。ECC、NOVA、イーオン、ジオス、ベルリッツ、GABAなどなど競争が激しすぎる。最近はインターネットの普及で、教室に通わなくても勉強出来るし、CDつきの英会話本は星の数ほど出版されている。私のようにNHKラジオ英会話やネイティブと直接会話する機会は探せば見つかる。私たちの世代は、ある意味間違った英語教育を受けてきた。ヒアリングとスピーキングを疎かにし、文法と難しい単語を覚え、文章読解力主体の勉強ばかりで、会話に関して言えば何の役にも立たなかった。この歳になっても洋画は字幕なしでは意味不明、洋楽も歌詞カードがなければチンプンカンプン。日本の学校教育はまちがっとる!とぼやいても空しく響く。今からでも遅くない。せめて、アメリカ人に私のオヤジギャグが通じるまで、ラジオ中心で、英会話をがんばってみようと思う。

Scott 3 Music Scott 3

アーティスト:Scott Walker
販売元:Fontana
発売日:1992/06/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2007年4月 4日 (水)

ピアノの調律

音は空気の振動で出る。その振動をグラフ化すると、周期的なパターンを繰り返す山の連続になる。周波数とはまさにピッタリのネーミングである。音楽で、C(ド)の音は262Hz、A(ラ)の音は440Hz、さらに高いほうのA(ラ)はその倍の880Hzとなる。いきなり何でこんな話になるのかと言えば、今日は「ピアノ調律の日」なのだそうだ。調律の基準になるのがA(ラ)の440Hzの音なのだそうだ。だから4月4日が「ピアノ調律の日」と言う、わかったようなワカラナイ話だ。ついでながら今日は「おかまの日」と言っても炊飯器の釜ではない。3月3日が女の子の日、5月5日が男の子の日だから、その中間でそうなった。でも一体何を祝うのか?

2007年4月 3日 (火)

ドリームチーム

春の選抜高校野球、静岡の常葉学園菊川が逆転で大垣日大を破って優勝、大垣日大と言えば初戦、わが地元北大津に勝った相手!決勝戦もいい試合をした。高校野球はどこが優勝しても爽やかだ。同じ野球でも、今年は日本人メジャーリーガーが多すぎて、覚えるのが大変だ。1ライトイチロー、2ショート松井稼頭央、3サード岩村明憲、4センター松井秀喜、5セカンド井口資仁、6キャッチャー城島健司、7レフト田口壮、先発投手松坂大輔、井川慶、大家友和、中継ぎ岡島秀樹、セットアッパー斎藤隆、クローザー大塚晶則・・・あれ?ファーストがいない!この際、ねんざ中の桑田真澄に応援してもらって、このメンバー中心にドリームチームを作って北京オリンピックで戦えば良いのでは、星野さん?こうして見ると、日本のプロ野球は抜け殻のようなものだ。

2007年4月 2日 (月)

黄砂

今日の早朝、南太平洋のソロモン諸島沖でマグニチュード8の強い地震があった。また、今日は黄砂のひどい1日であった。天気は晴れなのに、遠方の景色はぼんやり霞み、駐車場の自家用車も薄っすら砂のベールに包まれた。こんな春の風物詩は迷惑だ。黄砂とは、東アジアのゴビ砂漠、タクラマカン砂漠や黄土地帯から強風により大気中に舞い上がった黄砂粒子が風に乗って運ばれてくる現象だそうだ。中国は儲かって好景気なのだから、せめて砂金か、出来れば紙幣でも飛ばしてくれ~。
スコット1(紙ジャケット仕様) Music スコット1(紙ジャケット仕様)

アーティスト:スコット・ウォーカー
販売元:ユニバーサルインターナショナル
発売日:2007/02/28
Amazon.co.jpで詳細を確認する

めざめ

静岡では31.8度の真夏日を記録したそうだ。今日は平凡な日曜日。朝から食料品を買い込み、ようやく暖かくなったので、しばらく放置したままだった小さな畑の草引きをした。2月11日に植えた黄肉ジャガイモ「インカのめざめ」も土から「目覚めた」ようだ。午後は1ヶ月休眠?していたバイオリンを取り出して久々に練習をした。自分で言うのもなんだが、相変わらずひどい音だ。早稲田大学での福原愛、斉藤祐樹ばかりが目立つ入学式の模様をテレビで何度も放映していた。今日はApril Fool、騙される事なくなく1日が終えそうだ。「April Fool」と言うバートバカラック作曲の名曲を思い出した。春本番だ!!

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »