« バイオ燃料 | トップページ | ハチの失踪 »

2007年4月12日 (木)

温家宝首相演説

温家宝首相は中国の首相として初めて国会演説を行った。とりあえず日中関係は一歩前進だ。今回の来日を「氷を溶かす旅」で「友情と協力のために貴国にきた」と強調したが本音とは思えない。戦略的互恵関係の構築など少々奇麗事が多かったが、総理は靖国参拝するな!台湾の独立は認めるな!と暗に、きっちり釘を刺していた。今回の演説で画期的な点が二つあった。演説が中国でも生放送で伝えられた。日本敵視から少し友好に方向転換した方が中国の国益になると考えたのだろう。そしてもう一点は、いつも議員の野次、怒号、私語で学級崩壊?状態の国会が、今日は静聴し、みんな「良い子」に変身していた点だ。やれば出来るのだ。国会はいつもこうあって欲しいものだ。

« バイオ燃料 | トップページ | ハチの失踪 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« バイオ燃料 | トップページ | ハチの失踪 »