« 国民投票法案 | トップページ | 銃撃事件 »

2007年4月17日 (火)

名刺の整理

人生折り返し点を過ぎて、私は一体何人の人と接し、さらに絞り込んで、公私合わせて何人の人と名刺交換をしただろうか?名刺ファイルを整理しながらふとそんな事を考えた。業務上の名刺は、大きく分けて「売り先・客先」「支払い先・仕入先」「公共機関・その他」で社名組織名の50音順に分類してある。しかし個人の分は分類が煩雑だ。名刺交換した年代別も考えたが、結局は「学友」「親族」「異業種交流会」「音楽趣味」「以前の会社関係」「介護病院関係」「PTA町内会等」「飲食店」「その他」に分類し、さらにいろいろたまった診察券、テレカ、ポイントカードなども一角に集めた。とにかく1週間かけて、1800枚ほどの名刺をファイルに整理し、相手の顔も思い出せない一過性の営業名刺100枚ほどは捨てられる運命になった。こんな場合、「針供養」のように「名刺供養」をしないと、本人が化けて出てくるのだろうか?

« 国民投票法案 | トップページ | 銃撃事件 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 国民投票法案 | トップページ | 銃撃事件 »