« なんとなく | トップページ | バートバカラック »

2007年5月12日 (土)

病院と高齢化

我が家から車で15分のところに徳洲会グループの病院がある。臓器移植の問題で愛媛県宇和島市では批判が飛び交っているが、ここの病院の素晴らしい点は年中無休、24時間オープンと言う事である。救急車で運ばれても受け入れ拒否される事がない。これは患者や家族にとって何より有難い。私ももうすぐ高齢者。救急車に乗ってたらい回しされるのはごめんだ。近くにこんな病院があって安心だ。私も近い将来高齢者の仲間入りだ。醜く生き永らえたくはないと思う事もあるが、自分自身どうなる事やら?「必要とされることが長生きの秘訣。悠々自適な暮らしより、働く人生が大切」「人間の尊厳を守れて初めて、生きる喜びが生まれる。高齢者も経済的自立を目指すことが大切」などなど、高齢者向けの金言格言が気になる今日この頃である。

« なんとなく | トップページ | バートバカラック »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« なんとなく | トップページ | バートバカラック »