« トヨタの死角 | トップページ | 病院と高齢化 »

2007年5月11日 (金)

なんとなく

N放送株を巡るインサイダー取引事件で、証券取引法違反の罪に問われたM被告に対し、検察側は懲役3年、罰金300万円、追徴金約11億4900万円を求刑した。法人として「MACアセットマネジメント」には罰金3億円を求刑した。判決は夏になる。M被告はなんとなく嫌いなタイプの人間だ。理由はわからないが、「なんとなく」という感覚は、人間の勘と言うかインスピレーションと言うか、独特な感覚だ。「なんとなく心地よい」「なんとなく鬱陶しい」とか、ビジネス広告を見て「なんとなく怪しい」と感じる感覚は大抵当たる。20数年前「なんとなく、クリスタル」という小説が大ブレークした。前長野県知事田中康夫氏が書いた作品だが、私の感想は「なんとなく、退屈で、つまらない本」だった。

« トヨタの死角 | トップページ | 病院と高齢化 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« トヨタの死角 | トップページ | 病院と高齢化 »