« 斜めドラムの洗濯機 | トップページ | コムスン »

2007年6月 6日 (水)

電磁波

電子レンジは毎日当たり前のように使うが、安全なのだろうかと時々疑問に思う。電磁波で食材の水分子を超高速で振動させることによって、分子か原子か知らないが摩擦熱を発生させて温かくするものだ。研究によると、電磁波の影響で脳腫瘍や白血病の発生率が高くなったり、頭痛めまいなどを惹き起こしたり、いろんな悪影響が報告されている。さらに言えば電磁調理器(IHクッキングヒーター)などは、電子レンジを、扉を開けて使用しているようなものでさらに危険なような気がする。携帯電話やドライヤー、シェーバーなど、体に近づけて使用する家電品もある意味危険なのだ。そんな危険なものは国が認めるはずがないと言っても、社会保険庁のおぞましい、許しがたい失態を見れば、国に国民に対する責任感の欠片もないのは明らか。しかも、まだ電子レンジの歴史も浅く、電磁波の危険性が科学的に立証するにはまだまだ年月がかかりそうだ。私は毎朝コーヒーを沸かすが、レンジで暖めた牛乳を入れて飲む。コンビニで弁当を買ったらレンジでチンしてもらう。夕食にも、レンジがフル回転する。老い先短い?私など、どうでもいいが、若い人が、10年、20年後、何か恐ろしい事態にならなければ良いのだが。

« 斜めドラムの洗濯機 | トップページ | コムスン »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 斜めドラムの洗濯機 | トップページ | コムスン »