« 父の日 | トップページ | 池田勇人 »

2007年6月18日 (月)

農薬と捕虫機

そろそろ蚊取りのシーズン。昔々各家庭では蚊帳と蚊取り線香を使ったものだ。押入れからアースノーマットを出してきた。殺虫剤は使いたくないが夜中にブ~~ンという蚊の飛ぶ音と痒さは耐えられないので真夏はここ一番!使う。滋賀県草津市の農家の発明品が今全国で話題になっている。「軽量手持ち式の捕虫機」である。殺虫剤を使わず、風を送って野菜についた害虫を吹き飛ばし、網で捕獲する。軽いので肩から提げて作業できる。産地では減農薬栽培にいろいろ工夫をしている。中国にも聞かせてあげたい話だ。今日の昼食は諸般の事情で、スーパーの「広告の品450円!ウナギ弁当」であった。幸い「徳島産」と書いていたので良かった。中国人民には恨みはないが、中国産と書いたものは野菜も魚も恐ろしくて口に入れたくない。

« 父の日 | トップページ | 池田勇人 »

コメント

私も中国産の食品には気を付けている。
最近では、食品意外でも色々と問題になってるようだ。100円ショップの商品は「全て中国産」と考えても過言ではなさそうだ。
「安かろう、悪かろう」と「命の保障はなかろう」と三拍子揃ってる。
くわばらくわばら

100円ショップには良く行きますが、何でこれが100円と思うような品がいっぱいあります。先日草刈鎌が100円で安いと思って買ってきて、使用して4日後、刃が、スポン!と抜けました。金返せ~~~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 父の日 | トップページ | 池田勇人 »