« 雑草 | トップページ | ドタバタ日曜日 »

2007年6月 9日 (土)

握手

国際化時代、握手をする機会が多くなってきた。日本人は握手をする習慣が定着していない。私がいつも参加している異業種交流会のメンバーの中に、違和感なく、男女問わず、ごく自然に握手をされる人がいる。ちょっとカッコよくて羨ましい。ある本によると、握手の5原則と言うのがあって、①やたらに握手を求めない。②手が清潔であり、事前にハンカチで清潔にする③適度な圧力が大切で、強く握り過ぎたり、やたら手を振ったりしない④相手の目を見て、握手する。遠慮して指先だけの握手はかえって失礼である⑤タイミングよく離さないと嫌われる・・・要するに何事も思いやりなのである。「握手」は、やたら求めるのは「悪習」であり、手が汚いと「悪臭」を放ち、強く握るのは「悪趣味」なのである。

« 雑草 | トップページ | ドタバタ日曜日 »

コメント

握手は欧米人には当たり前なんだろうけど、握手の習慣が無かった日本人としては、私も驚く経験をしている。
たかが握手といえど、侮れない。
握手の仕方で、こちらとは意に反した印象を持たれたりしたものだ。
差し出された握手に無意識に(握手の)手を差し伸べると、相手は、こちらの握り返す手の弾力で「熱意がある・無い」「自分に興味がある・無い」などと、勝手に判断されてしまう。ど~すりゃ良いんだよー!
日本式のお辞儀の角度も大変だけど、こっちの方がラクかな?

選挙で候補者は握手の数だけ票が入ると言われている。
それでも、あの白い手袋何とかならんのだろうか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 雑草 | トップページ | ドタバタ日曜日 »