« 弥七と鬼若 | トップページ | 腐女子 »

2007年6月21日 (木)

温泉事故

東京渋谷の温泉施設「シエスパ」で起きた爆発事故は恐ろしい。監視カメラの映像を見ると、爆発の寸前、その前を1台のバイクが通過している。バイクがあと10秒通過するのが遅かったら、あの人も被害者になっていたことだろう。爆発事故は天然ガスに引火したのが原因とみられているが・・・温泉と言えば、登別、花巻、鬼怒川、草津、山代、和倉、熱海、下呂、城崎、道後、玉造、別府、湯布院などに行った事がある。接待されたのではなく業務上接待する側であった。どちらかと言えば山や海の近くの「ひなびた」イメージである。大都会に銭湯はあっても良いが温泉があること自体不自然だ。しかも、ただ儲かると言う理由で、何のノウハウも持ち合わせていない異業種からの温泉業への新規参入は恐ろしい次第だ。さらに恐ろしいことは、今回の事故の責任の所在が不明確だと言う事だ。関係者はそれぞれ「私たちに罪はない」と白々しい記者会見で責任転嫁の「堂堂巡り」。死者が出ているのに想定外の事故で誰も責任がないなんて、そんな理不尽な話があっていいのだろうか?責任者でてこ~~~い!!

明日に向かって撃て! ― オリジナル・サウンドトラック Music 明日に向かって撃て! ― オリジナル・サウンドトラック

アーティスト:サントラ,B.J.トーマス
販売元:ユニバーサルインターナショナル
発売日:2002/05/02
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 弥七と鬼若 | トップページ | 腐女子 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 弥七と鬼若 | トップページ | 腐女子 »