« ウナギのぼり | トップページ | 叔父の通夜 »

2007年6月 1日 (金)

増税

税源移譲の関係で、平成19年から所得税が下がり住民税が上がる。所得税と住民税の合計はほぼ変わらないが、このドサクサに紛れて定率減税が廃止される。景気対策で、税金を軽減していたが、景気が良くなったので、減税措置を止めるというのだ。景気が良いのは、一部企業と、そこで働く正社員だけ。銀行員や公務員は景気に無関係に高給取りだ。われら庶民には、景気が良いなどという実感はない。ましてや、ガソリン、運賃、紙、ジュース、マヨネーズ、ウナギ、蟹など今後値上げラッシュが予想される中、今回の実質増税措置は、何を考えているのかと言いたい。しかも選挙が終われば消費税を上げるのはミエミエだ。下がるのは年金受給額と保有株の株価とセリーグ最下位のスワローズの順位ばかりだ。そうだ!最下位より下がる事はない!楽天だって頑張っている!頑張れスワローズ。

« ウナギのぼり | トップページ | 叔父の通夜 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ウナギのぼり | トップページ | 叔父の通夜 »