« 難民 | トップページ | 列車の遅れ »

2007年8月31日 (金)

立食パーティ

京都の寺の住職をされているHKさんが、この度本を出版され、その記念パーティが京都の某ホテルで開催され、参加してきた。「内なる風景へ-禅の現在型をさぐる」と言う本で、すでに私は図書館で借りて読んだが一般的には難解な内容を、非常にわかりやすく書かれおり、興味深く読めた。著者は昭和24年生まれで、T芸術大学ではドイツ美学と日本画を勉強され、画家であり、詩人であり、作曲家であり、多才な人物である。参加費用は一般庶民の私には、場所柄チト割高だったが、当然?著者のサイン入りの本を手土産に帰宅した。立食パーティは疲れる。しかし不思議なもので、開会時、最初に立った場所が定位置になり、料理を取りに行ったり、あちこちテーブルを回っても、その位置に戻るとほっとする。人間には奇妙な習性があるものだ。それともそんな習性があるのは私だけか?

« 難民 | トップページ | 列車の遅れ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 難民 | トップページ | 列車の遅れ »