« 飲酒罰則強化 | トップページ | 福田自民党新総裁 »

2007年9月22日 (土)

危機管理

内閣総理大臣臨時代理は、日本の内閣総理大臣が欠けた場合又は事故のある場合に、臨時にその職務を担う国務大臣としてあらかじめ指定された大臣が用いる職名であるが、今日現在その臨時代理はいない。もし今日か明日、大地震が発生するとか、カルト教団がクーデターを起こすとか、近隣国がミサイルを日本に向けて発射したら、いったい誰がリーダーとなって対応するのか?本当に能天気な危機管理体制だ。能天気は能転気とか脳天気とも書くが、その語源は不明だ。それでは、総理がいなくても大丈夫?な日本を本当に動かしているのは誰なのだろう?裏返せば、日本は民主主義国家ではなく、官僚による独裁国家なのか?

« 飲酒罰則強化 | トップページ | 福田自民党新総裁 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 飲酒罰則強化 | トップページ | 福田自民党新総裁 »