« かばい手 | トップページ | 捲土重来 »

2007年9月17日 (月)

敬老の日

例年なら、鈴虫やコオロギが鳴くころ、今日はじっとしているだけで汗が出る。9月半ばを過ぎて、こんな気候は過去に経験がない。今日は敬老の日。親を地元敬老会会場まで送迎。各自治体とも、高齢者が多すぎて、会場を増やしたり、年齢制限をしたり、やりくりに大変だ。我々の世代が参加する頃には、年齢制限のハードルが年々高くなり、永久に参加できないかもしれない。記念品に、デラックス弁当、まんじゅう、飲み物などが配られ、別途金一封の祝い金が民生委員さんから配られたようだ。自治体の財政状況に応じて内容が変わるようだが・・・。敬老の日は高齢者を敬う日。介護施設に行っていつも感じることだが、精神的自立をした立派な高齢者もいれば、身の回りの世話を献身的にしてくれる看護師さんに向って罵声を浴びせるような「敬老」に値しない悪質?な高齢者も目立つ。テレビで百歳を超えた人に「おめでとう」と祝福するニュースもよく見るが、その人を周りで介護する人の苦労はニュースにはならない。アルツハイマー、徘徊、そして介護疲れによる殺人事件など、手放しでは喜べない高齢化社会である。

ボズ・ザ・バラード Music ボズ・ザ・バラード

アーティスト:ボズ・スキャッグス
販売元:ソニーミュージックエンタテインメント
発売日:1992/02/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« かばい手 | トップページ | 捲土重来 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« かばい手 | トップページ | 捲土重来 »