« 稽古と暴行 | トップページ | 堂本印象 »

2007年10月 6日 (土)

右利き

「私の彼は左きき」とか言う他愛もない歌が昔流行った。人間の右利き、左利きは、どうして決まるのかはまだ医学的に解明されていないが、3~4歳の頃決まるそうだ。世界で調査した結果左利きの人は全体の10%程度だそうだ。私は右利きなので、左手で箸を持ったり、物を投げたりする人が不思議に思える。アラブの人は、文字を右から左に向かって書くが、日本語横書きの場合、左から右に向かって書くので左利きの人は窮屈そうだ。また、インドやイスラム世界では左手は不浄不潔と言われているが、左利きの人はどうやって食事をしているのだろう?身近に脳梗塞などで右半身不随意の人をあちこちで見かけるが、本来右利きの人は、食生活などが大変不便そうだ。私もそうなった時のため、時々昼ごはんは左手で箸を持ってみたり、歯ブラシを左手で持って磨いたりしているが、やはり窮屈だ。パソコンを使う人は、右手でキーボード、左手で電卓と言う器用な人もいる。右ききと左ききどっちが有利なのかはわからないが、ゴルフの場合、レフティ用のクラブはやはり割高だ。しかし野球はそうとは限らない。日本で1シーズン200本安打を達成したのは、イチローと青木だけだった。どちらも左打ちだ。野球のルールを知らない人にはわからないかも知れないが、一塁ベースまでの距離が右利きの打者より左ききの打者の方が1mほど近くて有利なのだ。そのハンディを打ち破り、ラミレスが右打者として初めて200本安打を達成したのは素晴らしい偉業だ。ホームランを打って生還した時カメラに向かって「ラミちゃんカッチカッチ・アイーン・ゲッツ」と言う、ヒョウキン者のラミレスは来年また給料アップしそうだ。

« 稽古と暴行 | トップページ | 堂本印象 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 稽古と暴行 | トップページ | 堂本印象 »