« おしりかじり虫 | トップページ | パワハラ »

2007年10月15日 (月)

給油活動

インド洋での海上自衛隊の給油活動継続問題で議論がいろいろあるようだ。私も、憲法問題や現場の詳しい事情もわからないので意見を言うのもオコガマシイが、今は給油行為を継続せざるを得ないと思う。ましてや、「洋上の無料のガソリンスタンド」などと言う批判は、過酷な状況で活動する自衛隊員の皆さんの苦労を考えると極めて失礼な、的外れな批判だと思う。ただこれによってテロがなくなるとも思えないのだが・・・。民主党の小沢党首が国連の平和活動に日本が参加することは、ISAFであれ何であれ、何ら憲法に抵触しないと言うが、私は憲法違反だと思う。さらに言えば、国連とは何ぞや?と考えたとき、「世界の正義」と言うより、所詮、「第2次世界大戦の戦勝国の利益を守る組織」だと私は思っている。米露英仏中の常任理事国が核兵器を持つことが正しくて、イランや北朝鮮が核兵器を持つことが悪だという理屈も何か変だ。現在、世界の武器輸出額ワースト4の国はアメリカ、イギリス、フランス、ロシアであり、中国もスーダン、ミャンマー、南アフリカ、ネパールなどに大量の武器や軍事物資を密かに輸出し、経済発展の大きな原動力になっているのは周知の事実だ。すなわち常任理事国=「死の商人」なのである。防衛に関して日本が日米安保で守られている現実を考えると、残念ながら国連よりもアメリカを優先せざるを得ないのが現実かもしれない。所詮、世界平和などあり得ないのだが、こんな状況で、もし宇宙人がUFOに乗って地球を攻めてきたら、世界の国々は結束するのだろうか?ISAFの話がいつのまにかSFの話になってしまった。

« おしりかじり虫 | トップページ | パワハラ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« おしりかじり虫 | トップページ | パワハラ »