« 病は気から | トップページ | カーボンオフセット »

2007年11月 3日 (土)

秘密会談

私が生まれる前の昔々、近衛文麿が構想した大政翼賛会という大きな組織があった。今でいえば自民党から共産党までみんなまとめた組織だ。ほとんど一国一党状態で、軍部の独走をだれも止めることができず、日本は大東亜戦争に突き進んでいった。一昨日から福田首相が民主党の小沢一郎代表とヒソヒソ党首会談を開き、連立政権への民主党の参加を打診したが結局この大胆な試みは失敗した。会談中、公明、社民、共産などの党は蚊帳の外であった。現在の衆参ねじれ国会では、あらゆる議論や法案決議が遅々として進まず、間違いなく外交や内政、特に国民生活に大きな支障をきたす事は間違いない。だからと言って自民民主大連合で、何もかも無抵抗に物事が進んで行くのも怖い。今回のゴタゴタで不満を持つ自民民主の一部議員が、新たな新党を作る可能性も出てきた。日本の国際貢献、拉致問題、社会保険庁の怠慢と年金問題、防衛次官の不正、食の安全、オイルショックと消費者物価の高騰・・・問題山積の中、いったい日本は迷走しながらどこへ進んで行くのだろう?

« 病は気から | トップページ | カーボンオフセット »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 病は気から | トップページ | カーボンオフセット »