« 月と地球 | トップページ | がっかり »

2007年11月15日 (木)

船場吉兆

まだ今年一年を振り返るのは早すぎるが、2007年を漢字一文字で表すなら「偽」で、決まりだ!一年間、次から次へと食品にかかわる偽装が出て来た。不二家、ミートホープ、白い恋人、赤福、御福餅、静岡うなぎ業者、比内地鶏、船場吉兆・・・その中で最も悪質なのは、ミートホープと船場吉兆だろう。吉兆は日本を代表する高級料亭であり、創業者がその後、暖簾分けして、本吉兆、神戸吉兆、船場吉兆、京都吉兆、東京吉兆に分かれたが資本関係はなさそうだ。幸い私のような一般庶民は吉兆が提供するような高級なものを口にした事がないのが幸いだ。船場の不祥事で、無関係な他の吉兆は迷惑しているだろうし、当然年末のおせちの注文にも影響が出そうだ。ただ、今年になって特に目立った偽装だが、きっと以前からいろんな業界で行なわれてきた事だと思う。最近は猫も杓子も「コンプライアンス(法令遵守)」と言い出した。それは今まで遵守されていなかったからに相違ない。不正を隠し続けてきた企業内で、不正を内部告発出来る風潮が出てきた言う事はある意味で日本社会は健全なのかもしれない。近隣の独裁国家ではあり得ないことだ。

« 月と地球 | トップページ | がっかり »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 月と地球 | トップページ | がっかり »