« 喪中につき | トップページ | 苗字 »

2007年11月29日 (木)

イルミネーション

ニューヨークの冬の風物詩のロックフェラーセンター前の巨大クリスマスツリーが28日、点灯された。50年以上続いている年末行事だ。日本がバブルの時代、三菱地所が2000億円でロックフェラーセンタービルを買収した時は大騒ぎだった。アメリカの象徴のような建物を日本人が金に物を言わせて買収し、現代のパールハーバーだと言われたものだ。いずれ日本の象徴的なものを中国や韓国、インドあたりに買収されて、日本人も当時のアメリカ人と同じ思いをするのかもしれない。クリスマスツリーと言えば日本中イルミネーション花盛りだ。いくら発光ダイオードの電気代が安いと言っても、省エネに逆行する事には違いない。ご近所の数軒で昨晩あたりからイルミネーションを点灯されているが、先日夜車で走っていたら、とんでもないケバケバしい家が2軒あった。互いに競うように煌々と光る姿はまるで風俗店のネオンのようで、品格もなく、何か哀れに思えてきた。イルミネーションを飾る家主の目的は何なのか?疑ってしまう。とは言え、西洋かぶれの私は死ぬまでに一度はニューヨークに行ってみたいと今も願っている。当面は無理なので、家の中で入浴だ。

« 喪中につき | トップページ | 苗字 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 喪中につき | トップページ | 苗字 »