« 今年を振り返る(スポーツの巻) | トップページ | 今年を振り返る(おくやみの巻) »

2007年12月27日 (木)

今年を振り返る(異常気象の巻)

日本には四季がある。私も歳の数だけ四季の自然を体験してきた。しかし、最近は桜の開花が早まったり、熊が山から里に下りてきたり、ウグイスが変なタイミングで鳴いたり、エチゼンクラゲが異常発生したり、クマゼミが異常発生したり、ちょっと変だ。気象も異常だ。2年前、巨大ハリケーンがアメリカを襲い、中国では黄砂の被害がひどく、日本にまで影響した。3月能登半島沖で震度6強、7月新潟県中越沖で震度6強、8月多治見市と熊谷市で40・9度の最高気温を観測、5月モルディブでは4.5メートルの高波観測、ウルグアイで大洪水、6月中国南部で豪雨、オマーンとイランで観測史上初のサイクロン発生、南アフリカと南米で豪雪、8月ヨーロッパ南東部で熱波、北極の氷が解け、島国ツバルは海面上昇で水没の危機など、地球温暖化が原因と思われる異常事態が着々と進行している。誰もが地球温暖化を防ごうと言うが、国家のエゴと商業主義が優先して総論賛成、各論バラバラだ。キレイゴトを言うようだが、先日の月探査衛星かぐやの月から見た地球の映像を見て、美しい地球に住む人間は、何と愚かなことをしているのかと思ってしまった。

« 今年を振り返る(スポーツの巻) | トップページ | 今年を振り返る(おくやみの巻) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今年を振り返る(スポーツの巻) | トップページ | 今年を振り返る(おくやみの巻) »