« 落し物の保管 | トップページ | カラスとカモ »

2007年12月12日 (水)

日本漢字能力検定協会が募集する「今年の漢字」は、これしかないと言う「偽」に決まった。不二家、ミートホープ、白い恋人、赤福、御福餅、静岡うなぎ業者、比内地鶏、船場吉兆などは連日マスコミに出たが、まだ不正がばれていない企業はまだまだあるはず。不正は許せないが仕事もせずに高禄を食む社会保険庁の役人どもはもっとひどい。宙に浮いた5000万件の年金記録問題も、いくら舛添厚労相を責めたって本人が言うように「誰が大臣になっても同じ」悪いのは歴代の社会保険庁の幹部の責任であり、責任者全員打ち首獄門にでもしないと永久に体質は変わらないだろう。もっとひどいのは薬害C型肝炎集団訴訟問題。和解協議で、大阪高裁が、血液製剤の投与時期で患者を線引きする和解をしようとしているが、金銭の問題ではない。人の生命にかかわる問題だ。患者全員救済が当たり前だ。怒りの連鎖で、血圧が上がりそうだ。心温まるような話は日本には存在しないのか!

« 落し物の保管 | トップページ | カラスとカモ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 落し物の保管 | トップページ | カラスとカモ »