« 美容と理容 | トップページ | 和久井映見 »

2008年1月31日 (木)

中国製ギョーザ

中国製冷凍ギョーザを食べた人が中毒症状を訴えた問題で中国の天洋食品の製品を扱っていた輸入業者は19社もあったそうだ。と言う事はギョーザだけでなく、ロールキャベツ、冷凍のトンカツや肉まん、牛丼やカツ丼、酢豚の具などのレトルト商品すべて口にすると危険と言う事になる。スーパーでは、数え切れない食品を販売しているがどれが安全でどれが危険かの判断は素人には不可能だ。ましてや外食レストランなどでは何を食べさせられるかわからないので、店を信用するしかないのか?我々個人の力では防衛できない。強いて言えば①肉や野菜など原材料は国産品を買うこと。間違っても中国産は絶対買わないこと②冷凍食品など加工食品は、買わないこと。ミートホープ事件で懲りているはず③外食はしないこと。何が入っているかわかったもんじゃない。幸い我が家は外食の習慣はほとんどなく自家製ねぎに自家製だいこん、そして私が作るわけではないが自家製弁当、自家製ギョーザに自家製ロールキャベツに自家製食パンである。ただ牛や豚や鮭や鮪は飼っていないので、肉や魚はスーパーで買うしかない。えーい!こうなりゃ、日本は江戸時代に戻って鎖国政策を取れば食の安全と食糧自給率100%になるのだ。

« 美容と理容 | トップページ | 和久井映見 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 美容と理容 | トップページ | 和久井映見 »