« ショー | トップページ | 美容と理容 »

2008年1月29日 (火)

KY

空気の読めない人をKYと言う。私は楽譜が読めないのでGYである。バイオリンを習っているのに、そんなはずはないと思われそうだが、自分で言うから間違いない。昔の音楽教育は、「移動ド」で習った。しかし現在は「固定ド」が一般的である。たとえばハ長調のドレミファソラシドをト長調にすると「移動ド」であればそのままドレミファソラシドであるが「固定ド」であればソラシドレミファ#ソとなる。カラオケでキーがあわずに高さを変更することがある。その場合「絶対音」は変わるが「相対音」は同じであるのでキーが変わっても歌える。私にとってバイオリンはカラオケと同じで、楽譜はさっぱり読めないが、耳で曲を何度も何度も聴いて相対音を覚えてしまい、頭の中で移動ドに変換してしまうと、何とか弾けるのである。ただバイオリンのレッスン中にティーチャーに「固定ド」で指導されるのでブレインの中はパニックでコンフューズしてしまう。いつの間にか日本語が頭の中でルー語に変換されてきた。

« ショー | トップページ | 美容と理容 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ショー | トップページ | 美容と理容 »