« 市長選挙 | トップページ | モグラ »

2008年2月19日 (火)

ブルーレイ

DVDは①東芝の「HD・DVD」方式と②ソニー松下の「ブルーレイ(BD)」方式の間でどちらが優れているか争われていたが、結局東芝が撤退しブルーレイで統一される事に事実上決まった。詳しいメカニズムはさっぱりわからないが、①は価格が安い。②は容量が大きいと言う事のようだ。私は方式が統一されるまで買うつもりはなかったが、安いと言う理由で米国では、東芝製品を買った人が多いようだ。今後メーカーの責任として消費者に対するアフターサービスで大きな負担を背負う事になる。普通ならこれで企業も大苦境に追い込まれるが、東芝にはフラッシュメモリーという主力商品が残っているので、しばらくは安泰だ。ところが、日本では、東芝がNAND型フラッシュメモリー市場で独壇場だが、ライバルは韓国のサムスンとハイニックス。さらに、インテルは違う型式のNOR型で参入。一難去ってまた一難である。昔々、ビデオテープの規格をめぐって「VHSvsベータ戦争」があったが、ベータのソニーの一人負けであった。しかしソニーはその後も画期的なモノづくりで今日もトップメーカーである。メーカーの開発競争が技術の進歩を生む。しかし今回のDVD戦争のような違う型式で争われると、世界中の消費者を混乱に巻き込むことになり、消費者はいい迷惑だ。

« 市長選挙 | トップページ | モグラ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 市長選挙 | トップページ | モグラ »