« 新名神高速道路 | トップページ | 日本プロ野球の未来 »

2008年3月11日 (火)

卒業式

昨晩の寒さと、今日の昼間の暖かさとの落差は大きかった。まるで桜満開の4月のような陽気だった。朝は霧で視界が悪く、昼は花粉の飛散が目に見えるほどひどい。車のフロントガラスは真っ白である。今日、滋賀県内の公立中学97校の卒業式が行われ、約1万3300人が中学校を卒業した。聞いた話だが、最近は卒業式に父母揃って出席と言う家が増えているそうだ。昔は、平日お父さんは会社で働いているので、お母さんだけ出席と言うのが一般的だったが、昨今は子供の会社の入社式に親が出席する時代だから、これくらいは当たり前か?卒業式の式辞で①共に認め合って高めていく人間関係をつくっていこう②夢や希望を持って実現できるように努力していこう③社会に貢献できるようになろう・・・と良いお話をした埼玉県の妻子ある校長が教え子に脅迫メールを送るとは言語道断。生徒諸君!この校長からは「教師」と言うより「反面教師」として学ぼうではないか。

« 新名神高速道路 | トップページ | 日本プロ野球の未来 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新名神高速道路 | トップページ | 日本プロ野球の未来 »