« 1ドル99円台 | トップページ | チベット »

2008年3月15日 (土)

道路特定財源

もう雪は降らないだろう。今日タイヤ交換をしてもらった。タイヤ交換くらい自分でやれば無料なのだが、2900円で、空気圧やバランス調整、洗車つき、手も汚さず、待ち時間コーヒーつき、安心感など総合的に考えればまあいいか?ついでに給油もした。ガソリンは一時期よりやや落ち着いた感じだが、レギュラー148円は、やはり高い。道路特定財源をめぐって、民主党は、道路特定財源を廃止して一般財源化することやガソリン税の暫定税率を廃止して25円値下げすると主張しているがそんな単純なものでもなさそうだ。ただ、今や80%以上の世帯が車を持ち、ガソリン税の納税者は国民全体に及んでいる中、特定財源にする根拠は希薄だ。ましてやマッサージチェアやカラオケセットに代表されるような国民を愚弄するような使われ方をされている以上、国交省が独占的に湯水のごとく使えるヘソクリとも言うべき特定財源は廃止すべきだ。庶民感覚と役人根性の決定的な違いは、お金を「将来のために出来る限り節約する」か「予算は何でもいいから全額使い切る」かの考え方にある。役人根性は死ななきゃ直らない。

« 1ドル99円台 | トップページ | チベット »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 1ドル99円台 | トップページ | チベット »