« マスコットキャラクター | トップページ | 食品スーパー »

2008年3月 8日 (土)

日銀総裁

日銀総裁の人事が決まらない。前回、民主党は武藤氏が財務省のOBだからと言う理由で副総裁就任反対した立場上、意地でも、今回も反対せざるを得ないのだ。確かに過去の総裁は財務事務次官OBか日銀生え抜きのいずれかが総裁になっている。本来日銀は政府から独立していないとおかしいのに、いつの間にか政府が推薦し国会が承認するルールになっている。政府としては、政府の言う通りに動いてくれる日銀であってほしいのだ。その点、福井総裁は政府と二人三脚だった。福井総裁がどんな人物か知らないが、この人が総裁になってから「公定歩合」と言う言葉を聞かなくなったような気がする。公定歩合は、日銀が金融調節を行うための最大の手段であった。公定歩合を上げれば、市場に出回るお金の量が減り引き締め効果があり、金利を下げればお金の流通量が増え、緩和効果があった。現在の金融政策の手段は金融機関同士が資金をやりとりする短期金融市場の金利操作に移ったようだ。日銀の仕事はグローバルである。総裁に誰が適任なのか知らないが、原油の高騰や世界であふれた投機資金がある中、早く対処しないと、日本は、三流国に成り下がってしまいそうだ。民主党は下らぬ意地を張らず、今回はすんなり人事を認め、諸施策で、国民の支持が得られる対案を次々出し、政権を取る努力をした方が良いのではないか。

« マスコットキャラクター | トップページ | 食品スーパー »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« マスコットキャラクター | トップページ | 食品スーパー »