« バナナ | トップページ | 敵討ち »

2008年3月25日 (火)

球春到来

パリーグ開幕、高校野球も熱戦が続き、今日はメジャーリーグ開幕戦レッドソックス対アスレチックスが東京ドームで行われ、球春到来だ。球春という言葉はいつごろ出来たのか知らないが、広辞苑に載っていないくらいだから、多分どこかの新聞社が作った造語であろう。しかし、野球ファンにはぴったりの季語だ。最近のスポーツ報道で気になるのは、まずはスポーツ紙の駄じゃれ見出しである。多少のユーモアは許せるが、最近のスポーツ紙の見出しはユーモアを超え、記者の知性を疑うほどの体たらくである。オヤジギャグなら新聞紙面ではなく、内輪の酒の席で言えばよい。それから実況アナウンサーの絶叫、これも何か勘違いしているのではないか?視聴者と一体感を待たせようと言う意図なのかもしれないが、ヒットやホームランで一々司会者が絶叫してどうする!もっと、事実を正確に実況したらどうだと言いたい。これも、司会者としての話術の不足を単に誤魔化しているだけではないのかと思う。球春到来!怒りも爆発!

« バナナ | トップページ | 敵討ち »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« バナナ | トップページ | 敵討ち »