« 鉄腕アトム | トップページ | ハイそれまでよ »

2008年4月16日 (水)

リサイクル

日本の資源リサイクルシステムは素晴らしいものだ。と言うか素晴らしいものだったと過去形で言う方が現実的だ。今、古紙やペットボトルのリサイクルシステムが崩壊しつつある。古紙の場合、従来は回収業者が原紙メーカーに運んだが、現在は大半は中国行きの運搬船が出る港に持って行く。回収業者はリサイクルと言う崇高な理念よりも目先の金儲けに走る。商売である以上、高く買ってくれる中国に売る。ペットボトルも同様、苦労して築き上げたシステムが、経済発展する中国によって、ズタズタにされてしまった。段ボールが大幅に値上がりしているのは、原油価格の高騰と言うよりはむしろ、リサイクルシステムの崩壊で、原料になる古紙がなくなりつつあるからだ。我々はゴミの分別をまじめにやっているが、結局は中国のために、そしてリサイクル業者の金儲けのために協力してきたのかと思うと、何やら空しい。

« 鉄腕アトム | トップページ | ハイそれまでよ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 鉄腕アトム | トップページ | ハイそれまでよ »