« ハイそれまでよ | トップページ | アレルギー »

2008年4月18日 (金)

セルフレジ

ベイシアと言うスーパーでセルフレジを体験した。自分で買った商品のバーコードを読み取り部分に近づけるとピッという音がして1品ごとに金額が計算される。不正をしないように、読み取り前にカゴの重さを量り、読み取り後と比較して、軽くなっていたら万引きした事になるのだろう。現金精算なので、千円札を入れてお釣りを受け取って帰ってきた。まだ実験段階なのだろうか、横で店員さんが使い方を一生懸命説明しているので、セルフによる人件費節約にはならない。また、客がかごの中にマイバッグを入れていたら、精算後重さが軽くなるのでトラブルのもとになるのではないかとも思った。不正をしようと思えば出来そうだ。事前に500gほどの重石を隠し持ち、肉を500g買って、レジを通さず、商品をそっとマイバッグにしのばせ、はかりの上に重石を載せればOKだ。落ちぶれ果てても、まあそんな「せこい」事はするまいが、セルフのガソリンスタンド同様、客は店員ではなく機械と対話しなければならないのが嫌な時代だ。

« ハイそれまでよ | トップページ | アレルギー »

コメント

はじめまして!
秋田の"とら"と申します、、ぶらぶら爺です(笑い・・)
スーパーは一日おきに通って?まして、最後の機械と対話しなければ・・が実感がこもっていて面白くて!
難しい話はできませんが、読ませていただきますので宜しくお願いいたします。

セルフレジはお金の投入口が下のほうにあるので、腰を曲げて入れなければなりません。
客にお辞儀させるとは、失礼な機械だ!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ハイそれまでよ | トップページ | アレルギー »