« 花散らし | トップページ | 親離れ子離れ »

2008年4月11日 (金)

聖火リレー

ロンドン、パリ、サンフランシスコと混乱が続く北京五輪の聖火リレー。聖火ランナーが突然消えたり、コースが変更されたり、車で聖火を運んだり、聖火をガードする怖そうな顔をした青いスポーツウエア姿の中国人の一団など、こんな異常な聖火リレーは見たことがない。イベントはみんなに、声援され、祝福されなければ成功しない。アメリカの大統領候補は民主も共和もブッシュ大統領の北京五輪開会式欠席を求めている。当たり前だ。スーダンの大量虐殺に加担し、悪名高いミャンマー軍事政権に武器供与し、チベットを弾圧し、中国国民には真実を覆い隠し、対外的には嘘の報道ばかり、何度も言うがこんな国にオリンピック開催の資格はない。北京五輪を目標に努力を重ねてきた選手諸氏には申し訳ないが、今回のオリンピックは世界の平和の祭典を汚す、おぞましい大会であることを知るべきだ。

« 花散らし | トップページ | 親離れ子離れ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 花散らし | トップページ | 親離れ子離れ »