« 親離れ子離れ | トップページ | バッテリー »

2008年4月13日 (日)

京都散策

昨日は異業種の方々と京都の神社仏閣の見学をした。所謂観光名所巡りではなく、方広寺、豊国神社、智積院、新熊野神社など隠れ名所を訪ねた。方広寺では豊臣氏滅亡のきっかけになった「国家安康」「君臣豊楽」と書かれた鐘を見た。これは家康の言い掛かりというものだ。智積院のすぐそばにある法住寺にはサザエさんでお馴染みの長谷川町子さんの墓所がある。新熊野神社と書いて「いまくまの」と呼ぶが、ここの神社の御神鳥はJリーグのマークで馴染みの3本足の「やたがらす」である。また、公家の音楽が雅楽であったが、それに対抗すべく、足利義満が奨励した猿楽が発展した能楽の発祥の地がこの神社と言われている。まあいろんなことを勉強して、後は恒例の酒盛り!楽しい大人の遠足であった。京都にはまだまだ知らないことが山ほどある、奥深い歴史の町だ。

« 親離れ子離れ | トップページ | バッテリー »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 親離れ子離れ | トップページ | バッテリー »