« 巌流島の決闘 | トップページ | 向こう三軒両隣 »

2008年5月21日 (水)

すえぎり

車の運転で、やってはいけないことに「すえぎり」がある。この言葉は厳密には2つの意味がある。「据え切り」とは、停止状態でステアリングを大きく切ることで、あまり据え切りをするとタイヤの摩耗を早めたり、ステアリング機構に大きな負担を掛けたりするので、必要最小限にとどめるべきだ。もうひとつの「末切り」とは、ステアリングを左右いっぱいの最大舵角まで切ることで、これもタイヤやステアリングのために良くない。私の家の前の道幅が大変狭いので、「末切り」も「据え切り」もせざるを得ない。買って5年目の自家用車のタイヤが減り、回りも、すこしひび割れしてきたので、先日新しいタイヤに換えたばかりなので、「すえぎり」をすると消しゴムで地面を擦るようで、身を削られる思いだ。

« 巌流島の決闘 | トップページ | 向こう三軒両隣 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 巌流島の決闘 | トップページ | 向こう三軒両隣 »