« 縦書き | トップページ | メロン »

2008年6月23日 (月)

ばっかじゃなかろか

7月7日から3日間開催される北海道洞爺湖サミットにはいろんな思惑が絡む。自動車業界は環境問題にアピールするため、各社自慢のエコカーを期間中、無償で貸し出して宣伝するそうだ。その中で私が期待していた厳しい排ガス規制をクリアしたクリーンディーゼル車を発売する日産にはがっかりだ。マニュアル(MT)車だけで、オートマチック(AT)は発売しないそうだ。いまどき日産の技術者は何を考えているのかと言いたい。技術優先で顧客のことなど考えていないに等しい。「ばっかじゃなかろかルンバ」である。この言葉、楽天の野村監督が巨人の走塁ミスを馬鹿にして試合終了後意味不明?のコメントをしたが、この歌は今から30年以上前「昭和枯れすすき」と言う絶望的に暗い演歌を歌ってヒットしたデュオ「さくらと一郎」の歌のタイトルである。さらにルーツをたどれば、昔ザビアクガート楽団が演奏して流行った「マイアミビーチルンバ」をコメディアンのトニー谷が「ばっかじゃなかろかルンバ」と替え歌風に歌ったのを小学生の頃聞いたような気がする。

« 縦書き | トップページ | メロン »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 縦書き | トップページ | メロン »