« taspo | トップページ | 縦書き »

2008年6月21日 (土)

草津よいとこ

景気が良いのか悪いのか不透明だが、そんな中で大阪まで50分弱の通勤圏滋賀県草津市は人口約11万8千人と急増、県庁の所在地大津市よりはるかに活気のある町である。東海道と中山道の分岐点にある有名な宿場町である。今、マンション建設が集中している。JR草津、JR南草津ともマンションの建設ラッシュだ。東レ建設が草津駅東口に建築中の31階の高層マンション「ザ・草津タワー」は来年夏の完成予定だが、完売したらしい。草津と言えば群馬県の草津の方が有名だが、自然災害も少なく、大型ショッピングセンターも続々出店し、ますます活気が出てきた。行政だけが救いがたいほど無為無策なのが玉に瑕だ。

« taspo | トップページ | 縦書き »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« taspo | トップページ | 縦書き »