« 震度6強 | トップページ | たばこ1000円時代 »

2008年6月15日 (日)

ディスカバリー

東京秋葉原の無差別殺傷事件、岩手宮城内陸地震発生など大事件大災害が続き、星出彰彦さんらが乗り組んだスペースシャトル「ディスカバリー」帰還のニュースの印象が薄くなった。任務を完遂し午前零時15分、無事帰還!昔はSF映画の世界が今まさに現実のものになっているのは感慨深い。1969年アポロ11号の人類が月面に立つ映像をリアルタイムで見た私は大変感動したが、実はそれは全くの嘘だったという証言が続々出てきている。夢は夢としてぶち壊して欲しくはないが、今から思えば当時の技術であそこまでのことは出来なかったと考えるほうが自然だ。でも今回の星出さん達の快挙はまさしく本当の現実であることは間違いない。

« 震度6強 | トップページ | たばこ1000円時代 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 震度6強 | トップページ | たばこ1000円時代 »