« 贅の極み | トップページ | 出漁とりやめ »

2008年7月14日 (月)

竹島問題

竹島は微妙な位置にある。1600年代に日韓両国民がこの島に上陸した歴史があるそうだが、どちらの国の領土か難しい問題だ。1905年、島根県に編入されたが、1952年、韓国の政府が李承晩ラインを一方的に宣言し、以降韓国が武力を使って領有している。北海道の北方領土は歴史的経緯から見ても、明らかに日本の領土だが、竹島はどちらとも言いがたいと思う。島自体は0.23平方キロと狭く、掘っても、ガスや鉱石が出てくる様子もなく、国家間で争うほどのものではなさそうだが、問題はこの島を中心とした漁業権だ。この問題を真剣に考えている人に対しては不謹慎な提案だが、この際竹島を爆破して、海に沈め、両国の中間地点に線を引いて、両国仲良く漁業をしてはどうか?でないと両国がヒステリックになって、永久に解決しない問題になると思う。島ひとつの問題で双方ギクシャクして、日韓関係が悪化しては結果的には両国にとって不幸な事だ。

« 贅の極み | トップページ | 出漁とりやめ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 贅の極み | トップページ | 出漁とりやめ »